全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>女子は久光製薬が4連覇、男子は豊田合成が初優勝

トピックス

2015-12-27 21:58 追加

女子は久光製薬が4連覇、男子は豊田合成が初優勝

天皇杯・皇后杯の結果

V・プレミアリーグ 女子 / V・プレミアリーグ 男子

天皇杯・皇后杯全日本選手権は27日、東京・大田区総合体育館で男女の決勝が行われた。

女子は久光製薬がNECを3―0で下して4連覇を決めた。12月での開催形式となってから5度目の優勝となる。第1セット25―13、第2セット25-21、第3セット25-22で連取。昨季リーグの決勝で敗れた相手にリベンジを果たした。

男子決勝は豊田合成が3―1で2連覇のかかったJTを下し、創部以来初優勝を決めた。JTは準決勝で主将の越川優が故障で離脱。決勝では第2リベロとしての登録のみ。決勝では八子までもが故障離脱し、安井ら控えのメンバーで1セットをとったが、固いディフェンスと4セットで72本打って45本決めたイゴールで豊田合成が初タイトルを獲得した。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック