全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ちょっと寄り道、帰り道 広島「Mr.ジョー」

トピックス

2016-01-05 17:55 追加

ちょっと寄り道、帰り道 広島「Mr.ジョー」

バレー関係お店紹介シリーズ

Others

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 今回の「ちょっと寄り道、帰り道」は、カーテンコールも兼ねたスペシャルバージョン。JTOBの村上情次さんのお店、Mr.ジョーは広島のグリーンアリーナから徒歩で行ける場所にあります。広島での試合がありますが、その時はマスターのお話をつまみにグラスを傾けるのもいいかもしれません。

 

――村上さんは現役のときは。

JTですね。専売広島の頃。ポジション最初はセッター対角だったんです。エースのポジションも打ってたこともあるし、ツーセッターもやったことあるし、いろいろですね。

――ツーセッターは下村さんと?

全日本の時に藤田幸光と。自分が入った時はまだ猫田さんがトス上げていたから。

――このお店を始めるようになった経緯は?

会社にいても良かったんですけど、自分はサラリーマンは無理かなと思って(笑)。こういう商売はいろんな人に出会えるじゃないですか。やっぱりバレーをやっていた時もいろんな人に出会えたことが財産だったので、この仕事もいろんな人が来てくれていろんな人に出会えることが財産かなと思って。

――現役時代で印象にのこっていることは?

僕が入った時は入れ替え戦だったんです。自分は関係ないのに(笑)。普通入れ替え戦は、リーグが終わって2週間後くらいにあるんですけど、オリンピックの関係で猫田さんと西本さんが合宿にすぐ行かれたから、9月になったんです。その時の相手が旭化成でした。

19歳の時で、いきなり入れ替え戦でとても緊張してですね。いまでも忘れないですけど1セット目、サーブ権がある頃ですからね、点が入らず13対13でずっとローテだったんです。それでうちが先に15点をとって15対13で勝ったんですけどその日は3−0で勝って、次の日1セット目とれば勝ちですから二日目1セット目をとった瞬間に「あぁ終わった…」と思ってホッとしました。大変でしたよ。しごかれてね。

――普通そんなに入れ替え戦があくことないですもんね。半年間も入れ替え戦を待つというのはかなりきつかったではないでしょうか?

精神的にきつかったですね。殴られ、蹴られ、しごかれて…。だからいまの選手は羨ましいです、練習は楽だし、休みもいいし、仕事は出なくていいしね。夏はエアコン効いてるし。

――エアコンも効いてなかった?

いやぁもう。水も飲ませてもらえなかったですよ。

――眞鍋(政義)さんと松田(明彦)さんの話を聞いた時も、2人とも大商大高校で水を飲ませてもらえなくて、眞鍋さんは要領がいいからボールを追って行ってちゃっかり水を飲んで戻ってくるということをしていたとか。

うちの体育館の作りだとそれが使えなかったんでね〜。ただ2時から練習始まって5時か6時くらいに1回トイレタイムがある。その時が唯一のチャンスです。お腹チャポチャポいうくらい水道水を飲んで。僕らの頃はスポーツドリングとかなかったから。だから塩を置いてあったんですよ。まぁね我が社が塩を作ってたから(笑)

1階にこの噴水が目印のビルに入っています

1階にこの噴水が目印のビルに入っています

――最初からこの場所にお店を?

いえ、最初は違う場所でこっちに移転して12年かな。

――お店の特徴を教えてください。

一人できても楽なお店かなと。そんなに気取った感じではないので。スポーツ好きな人も来る。カープ女子とかそういう人達とか。バレーな好きな人もいるし。

――お店でテレビ観戦とかもしますか?

たまにお客さんがつけてる時もありますよ。いまワールドカップとかやってるけど。野球とかもね。

――解説されたりします?

うーん。たまに。昔だったらこの時間で行ったら3−1で負けかなぁ?みたいなのね(笑)。サーブ権はある頃は、テレビ放送の時間を見たらだいたい勝ち負けがわかって「あぁ負けたな」とかね(笑)。いまはラリーポイントだからどっちだろうていうのはあるけど。いまはいいよね試合が短いから。俺らの頃はフルセットだったら3時間半とかかかってたからね。

――選手寿命が延びたと言われてますけどもね。

でしょうね。俺らの頃ずっと点が入らなかたもん。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック