全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>全日本男子会見コメント(2012年4月10日)

会見・コメント

2012-04-13 19:50 追加

全日本男子会見コメント(2012年4月10日)

4月10日、味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた全日本男子の記者会見で何人かの選手に抱負を語ってもらいました。

全日本代表 男子

山本隆弘山本隆弘選手

全日本に復帰した昨年から、できる限りロンドンを目指していこうという思いでやってきた。その年がやってきたので悔いがないようにやりきりたい。コンディションは全く問題ない。

ベテランと呼ばれる年齢となって、他の選手と比べれば経験も違いますし、OQTの戦いのしかたも一番知っている。どういう状況になっても一本の柱となって立っていきたいと思います。

酸いも甘いもじゃないですけど、そういうものを乗り越えてきたので。

前回出場しただけの大会だったので、今回出場して、真の戦いをしたいと思います。

次のオリンピックは年齢も来てますので、次を考えられる年齢じゃないので、目の前の戦いを全力で行きます。

課題と思っていることは、若い頃と比べるとジャンプ力も落ちていますので、試行錯誤しています。世界を相手にするにあたってどういう攻撃をしたらいいかを探りながらやっている。

久しぶりに国際大会とか経験して世界のバレーが変わっているなと感じていることは、高さはもちろん高くなってますし、スピードに関しては、以前の方がスピード感はあった。今は高さを生かした戦いをしてくるようになった。もちろんそういうチームは元々高さを持っているチームですが。ちっちゃいチームがスピードでごまかそうとしているけど、うまくいかないという感じ。

粘ってしつこくどん欲に点を取りに行く。相手がどうであれやっていきたい。

(オリンピックというのは)簡単に行けるものじゃないんで、大きな輪としてチームがひとつになって行かねばならないと思います。

(以前は140%代表に戻ることはないと断言していたのに復帰したのは)自分の中に、もう一度やりたいという気持ちが生まれてきたからです。個人的には、昨年の出来にはあまり納得していないので、今年は本領を発揮できるように頑張ります。

 

越谷章 越谷章選手

久しぶりの全日本は、緊張してますね、さすがに。呼ばれるとは思っていなかったです。びっくりしました。この大事な年に呼ばれると言うことは、光栄なことですが、僕のコンディションがよくなくて、最悪なんでどうなるのかな。でも、だめでも、挑戦して終われば、良いと思ってます。最後選ばれるかどうかわからないですけどね。

バレーボールでこの年で選ばれるなんてなかなかないんで、呼んでもらったからにはしっかり頑張りたいです。

まあでも、難しいですね、(いろいろと)今の状況では。

 

 

阿部裕太阿部裕太選手

(全日本長くやってきて、同じチームの近藤選手がいたりする中で、どこをアピールするか)自分としては、今までの経験だったり、技術的に動向というのはみんな大差ないと思うんで、ベテランとして若い選手にやりやすい環境作ってあげたりとか、見えないところでそういう役割が出来たらと思います。

大学2年からグラチャン2001年からやっていますね。改めて去年のワールドカップを振り返ってみると、結果としてはよくなかったです。ただ、自分としては、通して出させてもらったり、世界との、自分がどこまでできるのかということも確認できたし、凄く有意義な大会だったと思います。オリンピックを意識しての大会だったのでは 世界のトップとかが集まってくる大会で、そことの差はまだまだあるという感じがしました。アジアのチーム、最終予選に出てくるチームとはやり合えると思った。そういう意味ではOQTにつながるいい戦いになったと思います。

練習はもう昨日からやってます。南米合宿の時にトスを速くして、ワールドカップではうまくいかなかった件に関しては、ちょこっとなんですけど、速ければいいとかじゃなくて、スパイカーの能力を引き出すということに重点を置くということはいわれました。速いのが好きな選手、米山とかは速いのを打つでしょうし、ある程度高さを生かさなきゃならない選手はそういうトスを打つことになるでしょう。去年も、ワールドカップの前くらいには言ってたんですけど、微調整が間に合わなかったという感じです。

今回清水選手の怪我については、ほんと、ここに来る直前に聞いたのでびっくりしたし、早く戻ってきてほしいです。彼もまだまだ先が長い選手ですから、ここで選手生命を閉ざしてしまうのは悲しいことですから、早く良くなってほしい。

(清水選手がいなくなることについてのチームの影響は)もしOQTでいなくなるとしたら、チームとして大きい。彼でやってきたんで。ほんとに、戻ってきてほしいという願いだけです。

自分も、もしかしたら最後になるかも知れないので、バレーを通して表現をしていきたい。

見せたいのは強気なプレイですね。

 

 

鈴木悠二選手

初ではないんですけど、合宿とかは全く参加したことがなかったので、実質的には初選出という感じです。自分にまたチャンスが巡ってきたことについては、まさか呼ばれるとは思ってなかったので、このチャンスをつかみたい。

セミファイナルは、あれがリーグでは初スタメンだったので、まさか最後の最後にリーグでスタメンで使ってもらえるとは思っていませんでした。

ファイナルも通して出たかったんですけど、パナソニックさんはさすがに強かったですね。自分たちの苦手なローテーションで、6連続? 7連続? か得点されたので、越谷さんに代わるしかなかったですね。

全日本の中でもポジション争いをしなければ、東レの方8名いて、サイドに越谷さん、米山さんがいて…。がんばりどころですよね。東レの中でもポジション争い勝ててないので、全日本では更に厳しい争いになりますが……。

機会はピンチサーバーとかあるので、武器のサーブを生かしていきたいですね。他はたいしたことないんで、自分(笑)。だから武器のサーブで生き残りたいと思います。

OQTとオリンピック、精一杯とりあえず頑張りたいと思います。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック