全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>竹下佳江さんが新チーム「ヴィクトリーナ姫路」の監督に就任

トピックス

2016-06-07 22:23 追加

竹下佳江さんが新チーム「ヴィクトリーナ姫路」の監督に就任

竹下佳江さんが監督の新チーム「ヴィクトリーナ姫路」が誕生

Others

チームのキャラクター「リーナ」と

チームのキャラクター「リーナ」と

株式会社姫路ヴィクトリーナ(本社:兵庫県姫路市)は7日、「ヴィクトリーナ」発足記者発表会を開き、同社の新チーム「ヴィクトリーナ姫路」の監督に元全日本女子主将でロンドン五輪銅メダリストの竹下佳江氏が就任することを発表した。
また、同社はチーム運営と同時に竹下氏を中心にオリンピアンで結成したバレーボールユニット「ヴィクトリーナドリームス」を発足。佐野優子氏、大友愛氏、井上香織氏らの協力により、バレーボール教室を開催したり、各地の女子中学生で選抜チームを結成し、決勝大会を行うなど、メンバーがアイデアや意見を出し合い、夢を追いかける女子中学生を応援するイベントや企画を行っていくことを発表した。

チームの監督に就任すると同時に中学生世代の育成にも取り組むことになった竹下氏は、「最初は指導に興味がなく、お断りしていたが、土台からのチーム作りに関心を持つようになり、厳しいところから這い上がるというのがモットーの私らしいかもしれないと思うようになった。母親という立場になった今、(この取り組みが)女性へのメッセージになれば。まだ選手が集まっていないので、いつまでにとは言えないが、早くプレミアに昇格し、優勝を狙えるようなチーム作りをしたい」と話した。

ヴィクトリーナドリームスについては、第一弾として、8月に森永乳業株式会社の協賛による「森永乳業杯 ツアー オブ バレーボール」を全国各地で開催。2020年の東京五輪に向け、オリンピアンたちがツアー形式で全国20か所で行うバレーボール教室に出向き、女子中学生の指導に当たる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「バレーボールを頑張っている中学生が笑顔になれる企画を考えたい」と語る竹下佳江氏

 

協賛の森永乳業株式会社・野口純一代表取締役副社長と

協賛の森永乳業株式会社・野口純一代表取締役副社長と

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック