全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>日本バレーボール・オリンピアンの会が「はじめてのバレーボール・オリンピアンとボールで遊ぼう」を実施

トピックス

2016-12-05 18:11 追加

日本バレーボール・オリンピアンの会が「はじめてのバレーボール・オリンピアンとボールで遊ぼう」を実施

日本バレーボール・オリンピアンの会による幼児向けボールが遊びイベントの取り組み

Others

集合写真

日本バレーボール・オリンピアンの会(理事長・小泉勲)は、保育園・幼稚園の園児を対象に、オリンピアンがソフトバレーボールや風船を用いたボール遊びを行う、「はじめてのバレーボール・オリンピアンとボールで遊ぼう」を実施している。活動を通じ、子ども達の心に、ボール遊びの楽しさや面白さ、オリンピックへの興味・関心を育てたいという。

記念すべき第1回は、11月、横浜認定こども園 いのやま幼稚園の年長3クラス78名を対象に実施された。指導に当たったのは、江上(丸山)由美(ロス・ソウル五輪代表。同会副理事長)、永富有紀(アトランタ五輪代表)、大山加奈(アテネ五輪代表)の3名。
1クラスずつ順番に、準備運動、パスの基本、スパイク、2チームに分かれてのゲームなどを行った。終了後は、オリンピアンから子どもたち一人ひとりに「金メダル」のプレゼントも。また、園児たちには、小泉理事長のメキシコ五輪銀メダルと、江上副理事長のロス五輪銅メダルの実物に触れたり、講師陣とのハイタッチをしてもらい、さらに、昼食時にも交流を行った。

この日は、園児たちの保護者も数名が見学し、中高の部活やママさんバレーなどでのバレーボール経験者にはオリンピアンとのパス練習にも参加してもらった。参加した保護者の一人は「これをきっかけに子どもたちもバレーボールに興味を持ったくれたら」と語った。

このイベントは、今年度は3月末までに10回ほど行う予定。小泉理事長は「少子高齢化などの影響でバレーボール人口が減ってきている。私たちオリンピアンは五輪に出ることができた恩返しに、こうした取り組みを行うことで、競技の普及や社会貢献ができれば」と話した。

「アンダーパスは腕のここに当ててね」と説明をする江上さん

「アンダーハンドパスは腕のここに当ててね」と説明をする江上さん

オーバーパスの指導をする大山さん

オーバーハンドパスの指導をする大山さん

ママたちもパス練習に参加

ママたちもパス練習に参加

スパイクを打ってみよう!

スパイクを打ってみよう!

風船を使って、2チームに分かれて対戦

風船を使って、2チームに分かれて対戦

本物の五輪メダルに触れる貴重な経験も

本物の五輪メダルに触れる貴重な経験も

講師の3人とハイタッチ

講師陣とハイタッチ

園児の質問に答える小泉理事長

園児の質問に答える小泉理事長

子どもたちにメダルのプレゼントも

園児たちにメダルのプレゼントも

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック