全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>グラチャンバレー アメリカ戦後会見 中垣内監督「得られるものが少ない試合をしてしまった」 深津主将 大竹 石川

会見・コメント

2017-09-13 01:09 追加

グラチャンバレー アメリカ戦後会見 中垣内監督「得られるものが少ない試合をしてしまった」 深津主将 大竹 石川

全日本代表 男子

深津主将
大会前には良い準備ができていましたし、今年度、いろんな大会でいい結果を残したので、今日は負け方が苦しいところがありますけど、初戦硬さもありました。気持ちの切り替えをしっかりしたい。今日のようにバラバラになってしまうのではいけない。俺がカバーする、頼んだ、そういう声をかけながらやりたい。

大竹
今日の試合はかたさがあって、雑になっていた。主導権が握れなかった。あと4試合あるので、いかに自分たちのバレーを見せるかを、もう一回切り替えて戦いたい。

石川
単純に自分たちのバレーが展開できなかったので、こういう負け方になった。それができた上で、初めて試合になると思う。

――今日の試合は緊張があったのか、硬かったか。
深津
僕も初めての大会ということもあり、僕自身も少し緊張していた。他の選手はそんなに緊張しているようには見えなかったが、いざ始まると、緊張していたのかなと思います。

――アメリカのサーブについて。かなり苦しめられたが、今年対戦したチームと、速さなど違いがあったのか。
石川
ここまでやってきたチームの中では質も良かったし、練習試合のときより、確実にいいサーブを入れてきたり、スクリーンをされて見えなくされた。

――地元愛知での大会ですが。
深津
もちろん皆さんの応援がすごく力になったが、われわれが情けないプレーをしてしまった。闘志をしっかり出して、愛知の皆さん、テレビの前の皆さんのために、気持ちをもっとぶつけないといけないのかなと思う。

石川
地元で試合ができるのは嬉しいが、結果には納得できない。明日はしっかり気持ちを切り替えてやっていきたいと思います。

――アメリカのバンチリードブロックは初めてだと思いますが、それについての感想。そういう強固なブロックを打ち破れるようなヒントはあったか。

大竹
今日の試合相手のブロックは常に2枚ついてくるという状況だった。自分自身がすごく緊張していて、ブロックが見えていなかった。もうちょっと自分の良さを出していければ、幅広くコースを打ったり、ブロックを利用することができる。今日は戦う以前のところが悪かった。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事