全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>パナソニック 今村貴彦・久原翼・兒玉康成(後編) リーグにかける思い 兒玉「優勝しか見えていないです」

インタビュー

2018-01-11 12:00 追加

パナソニック 今村貴彦・久原翼・兒玉康成(後編) リーグにかける思い 兒玉「優勝しか見えていないです」

V・プレミアリーグ 男子 / 全日本代表 男子

ファン感での今村と久原

—―ファン感は大盛況だったようですね。今村隊長が頑張ったのでしょうか。

今村:翼がいちばん頑張りました。

――久原選手は、ファッションショーでは学生服だったようですね。恥ずかしかったりしました?

久原:恥ずかしくはなかったんですけど、すごく疲れました。

――Twitterなどで非常に話題になっていましたね。

今村:いいんじゃないですか。パナソニックアリーナでおさまらないなら、もっと大きなところでやれるようにしたいです。ドームでできるようにしたいですね!

久原とじゃれる兒玉

—―3人共、チーム内競争にまず勝たないといけませんが、そのことについて意気込みを。

兒玉:自分の色を積極的に練習の時から出せたら、おのずと結果がついてくると信じています。ですから、ポジティブに前を向いて、自分がやりたい、このプレーを頑張りたいというのを、一生懸命やっていきたいと思います。

久原:自分も同じで、レフトにクビアクや福澤さんがいて、他のチームよりレベルは絶対高いと思いますし、そういう環境でできているというのはすごい有難いなと思います。自分らしく、焦らずにやっていきたいと思います。

今村:毎日準備していかないといけないなと思います。

――昨年は、優勝候補の一角に挙げられながら、終盤怪我で失速、5位に終わってしまいました。改めて今シーズンに掛ける思いを。

兒玉:優勝しか見えていないです。だから、そのために自分が何をしないといけないのか、自分の役割がなんなのかを明確にして、少しでもチームの力になれるように頑張ります。

久原:去年、内定ですけど勝てない悔しさを味わって、そこからいろんな面で強化してきたので、それを出せれば絶対結果が残ると思うので頑張りたいです。

今村:チャレンジャーなので1戦1戦勝ちにこだわっていきます。

—―最後にファンの皆さんへ。

兒玉:ファン感もそうなんですけど、チームもスタッフも、ファンの皆さんも一体感が出てきたら、すごい力になると信じています。応援してくれる人が多ければ多いほど、自分も頑張りたいという気持ちが出てくると思うので、全員を巻き込んで一緒に戦っていけたらと思います。

久原:ファンの人が多いことは、すごくいいことだと思いますし、バレーボールに興味がない人にも、「バレーボール面白いな」と思ってもらえるようにしていきたいです。

今村:台湾に応援にきていただいたファンもいて、それがとても力になりました。それと、これはいつも言ってるんですけど、小さい頃山本隆弘さんを見て、自分もああなりたいと思って、パナソニックに入ることができました。今度は、「今村さんのプレーを見て、僕はパナに入ったんです」と言う子が一人でもいたらめちゃくちゃ嬉しいですね。

聞き手:中西美雁
編集補助:横幕祐美
ファン感謝デー写真提供:Mami

天皇杯優勝後のパフォーマンス

 

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック