全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>V・チャレンジリーグⅡ女子 ブレス浜松がGSSを破り、3~5位は混戦に

会見・コメント

2018-02-11 12:38 追加

V・チャレンジリーグⅡ女子 ブレス浜松がGSSを破り、3~5位は混戦に

V2リーグ 女子

■プレステージ・インターナショナルアランマーレ

・北原勉監督


3位を狙って行くという意味で、ここから残り3戦をひとつも落とすことができないという緊張感の中、スタートは少し硬さがあったが、本当に選手たちがよくやってくれた。相手の対策よりも、自分たちがやってきたものを信じて、それに集中してやってくれた。自分たちのバレーを作るというところに集中でき、それが展開できたことにより、3-0で勝たせていただくことができたと思う。

――「自分たちのバレー」の中でも、サーブが特によかった?

そうですね。後はトータルディフェンスというか、ディフェンスのところをずっと強化していたところもあった。トータルディフェンスというと、ふつうブロックとレシーブの関係からいろいろ始まったりすると思うが、私たちの場合はサーブもディフェンスの中に入っているというところも特徴。どこに打って、どこにブロックを跳ぶか。サーブで崩すのはもちろん、パスを返されたとしても、相手がスパイクをどこに打ち、それによりどういうディフェンスがスタートするのかという、サーブも含めたブロックとディグの関係というのが、すごく今日は上手くはまったように思う。

――選手個々の成長に関しては?

技術面もそうだが、アスリートととしてのメンタル面がとても成長したな、と。私も常日頃厳しいことを言うが、バレーボールだけ良くやってくれればいいというところではないので。私たちは普段半分業務をして、半分バレーをやっていて、普段支えてくれている人たちがいて、私たちがいるんだなと。やはりバレーボールを通して、人として素晴らしい人間になってほしいというところが私の譲れないところなので、人として成長することによってバレーボール技術も伸びるというところは、絶対自分の中で曲げないで思っているところなので。
戸田(さやか)選手などは最終的には私が、ではなく本人が頑張ったので。本当にみんな心の部分がすごく成長したな、というところはすごく感じる。

――セッターは田村(愛美)選手を主軸で使われていますが…?

松尾(由紀子)選手と比較すると高さがあるので、高さのあるところからのトスアップというところでリズムが少し速くなる。大きいセッターの特徴である高いところからのトスアップによって、ブロックが完成する前に打てるというところが特徴かなと思う。

――松尾選手に期待する部分は?

彼女はベテランでもあるので、ベンチにいるだけで安心できるという存在感。田村が少しでも自分を見失ってしまったら、松尾がすぐに出てトスを上げ、いつも通りのプレーをしてくれるというところ。これはチームを落ち着かせるベテランならではの、唯一のものだと思うので、それによってチームをまとめてほしいと思う。

――残り試合、ファンに向けて一言。

ここまで来たら技術云々ではなくて残り2戦全力で、今日の試合もそうだったと思うが、全員で相手を圧倒するくらいの声を出して、気合いで勝ち抜いていきたい。応援を是非ともよろしくお願いします。

・三澤未憂選手

――今日の試合の感想を。

今日は自分のやって来たことを出し切れた。攻撃面で特に出し切れたので、リズムよく攻撃ができて勝ちにつながったなと思う。

――途中出場でサーブやレシーブで貢献されることが多いと思うが、今日はサーブからの連続得点で試合の流れを引き寄せたかと思う。ご自分のプレーについては?

私の役割は途中でいかに流れを変えられるか。サーブのところでしっかり流れを持ってこれたので、今日の2セット目に関してはよかったと思う。

――練習で心がけたり、試合で心がけている点は?

今期の目標は「安定感」と「やり通す」というところを掲げてきたので、普段の練習でも自分の波が少ないようにやれるかというところを意識してきたことが今回、試合にしっかりと現れたと思う。

――昨シーズンに比べ、ディフェンスだけでなくフロントで打つ場面も多いと思うが、手応えは?

基本的には後衛で起用されていたが、練習ではフロントで入った時に結果を出せていたことが多く、そういうところを見てくださっていたので、フロントにも少し出してもらえるようになってきた。アタッカーなので、前で打ちたい気持ちはある。

――残りの試合での抱負を。

あと2戦になるが、今までやってきたことを後悔しないように全て出し切れるようにみんなで気持ちをひとつにして、私自身も安定感を最後まで発揮できるように頑張りたい。

――来シーズンに向けては?

チームとしては頂点を狙っていかないといけないと思うので、個人的にはディフェンスのところだけではなく、攻撃面でも貢献できるようになりたい。

――ファンへ一言。

毎回試合の時に声をかけてくれたりとか、遠いところから来てくださったり方がいて、支えになっているので、これからもたくさんの応援をお願いします。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック