全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>東レ富松「自分のプレーは置いておいて、チームを鼓舞しようと努めた」合成イゴール「今日はタフなゲームだった」

会見・コメント

2018-02-13 08:00 追加

東レ富松「自分のプレーは置いておいて、チームを鼓舞しようと努めた」合成イゴール「今日はタフなゲームだった」

V・プレミアリーグ 男子

戸嵜「ギャビンのボールを取ったのは父」

富松崇彰

今日の試合は出だし、かなり向こうのサーブにやられる場面が多くて、主導権をなかなか取れなかったんですけど、徐々に、こちらのディフェンスが機能したというのがあって。あとはやっぱり、後半、ギャビンがかなり調子があがってきて、決定率もあがってきたんで、最後は勝ちきることができた。

 

戸嵜嵩大

昨日のパナソニックとの試合で3−0で負けて、雰囲気が悪くなると思ったんですけど、今日の試合でセットを重ねるごとに雰囲気もあがって、試合も勝てて良かったと思います。

 

――富松選手に。先ほど、小林監督が会見で富松選手を起用した理由に、気合を注入と言っていましたが、実際、どういった指示を?

富松:昨日ああいった形で負けて、かなりチームの雰囲気もすごく悪くて。相手は余裕でやってるけど、こっちは必死にやっても全然うまくいかない。本当にどん底にいるかの感じだったけど、今日は自分のプレーは置いといて、ひたすら皆を鼓舞しようかなと今日はやっていました。

 

――戸嵜選手。同じ質問になりますが、昨日の敗戦を受けて、今日はどう取り組みましたか?

戸嵜:最近自分が入ってきた時よりも声が出てないなと思っていたので、自分が入った時は声を出してチームの雰囲気をあげようとしか考えていなかった。そう意識したんですけど、富松さんや阿部さんだったり、チームを鼓舞してくれる人がたくさんいたので、それがチームがうまくスムーズにまわる今日の勝因だったのかなと思う。

 

――戸嵜選手。3レグから出始めて、相手から色々データを取られてきてると思うのですが、相手の対策をどういった風に感じていて、乗り越えるためにどういったところをやっていこうと?

戸嵜:スパイカーは調子はその日次第というのが正直あるので、自分の中ではサーブが多分一番、なんだろうな、努力でどうにでも上手くもなるし悪くもなると思う。空いた期間はとにかくサーブを練習していて、すごくこの2週間で悩んでいたんですけど、昨日の試合からちょっと調子があがってきて、今日もサーブが良かったのかなと思います。

 

――富松選手。レギュラーラウンドの途中にちょっと腰が悪くなってきててちょっと悩んでいるという時期があったと思うのですが、サーブもブロックも吹っ切れたように見えたのですが、悩みはどのように解決されたんですか?

富松:正直全然解決されないまま出てたんですけど、ちょっと足を怪我してから体のバランスがおかしくなって、打てないという時期が続いていたんですけど。それで(伏見)大和にかなり頑張ってもらってたんですけど。今日は本当、ぶっつけじゃないですけど、気持ちでなんとかしようと思っていて、自分のプレーは置いといてということで、周りをどういかすか、自分のプレーがどんなに悪かろうが周りをなんとかいかそうと思っていたので、その気持ちが自分のプレーの質をあげてくれたのかなと思った。自分のことを考えるより、チームのことを考える方が、うまくいくのかなと今日思ったところです。

 

――コンディションの具合は?今日はかなり跳んでもいましたが。

富松:悪くはないと思うので、あとはどれだけ継続できるかと思います。

 

――戸嵜選手。サーブの話ですが、3セット目、最初はサーブが入ってなかったと思うのですが、途中から際どい場面、競った場面で入り始めて、しかも入れとけサーブじゃなくて、勝負したサーブでしたが、どういった調整を?

戸嵜:助走を短くしたことで、ミートの安定が出てきた。それが移動日の木曜日にわかったので、そういう小さいことを変えたことで調子が出てきました。

 

――今日はご家族は試合を見にきましたか?

戸嵜: そうですね。両親が来ていて、ギャビンのボール(Vリーガー・オブ・ザ・マッチが観客席に投げるボール)を偶然取ったのも自分の父なので、親がアピールしていました(笑)

 

――来週に向けて意気込みを。

富松:来週はジェイテクトとやるんで、1試合だけなんで、その1試合に全てをかけるという気持ちでやって、あとは皆フルセットやって疲れているんで、コンディションとか、良い状態に持っていて、今日の3セット目以降の試合を1セット目から出せるように戦っていきたい。

戸嵜:ジェテクトにはこの前、西田(有志)くんにやられたと感じているんで、名誉挽回できるように、勝利に貢献できるように、そしてファイナル3、ファイナルに繋げられるような内容にしていけたらと思います。

阿部裕太:久しぶりの出場でしたが、とにかく1点でも2点でもいいから取ろうと。そして、元気がなかったので、少しでもチームに熱さを持ち込みたいと思いました。結果的に、流れを変えることができたのではと思います。自分は藤井がいいセッターになってくれるために役立つことも、役割の一つですから、そちらでも頑張りたいと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事