全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>東レ富松「自分のプレーは置いておいて、チームを鼓舞しようと努めた」合成イゴール「今日はタフなゲームだった」

会見・コメント

2018-02-13 08:00 追加

東レ富松「自分のプレーは置いておいて、チームを鼓舞しようと努めた」合成イゴール「今日はタフなゲームだった」

V・プレミアリーグ 男子

豊田合成トミー監督「このゲームから学ぶことが多い」

トミー・ティリカイネン監督

タフなゲームだった。この様な結果になって、嬉しいと思ううちの選手はいない。2ポイント(2セットの意味?)取ってから2ポイント取られました(3セットの意味?)。我々にとって不運としか言いようがない。残念です。2セット、皆さまが見ていただいたように良いバレーは見せられた。試合を進めるごとに東レの動きが良くなった。チームの動きがよくなった。相手を褒めるしかない。このゲームから学ぶことが多い。失敗から学ぶことが多い。

 

――この2試合、前田(一誠)を先発(セッター)に起用した理由と、途中に内山(正平)を投入した理由は?

トミー監督:チームにとってベストということで前田を選んだ。我々は幸運なことに良いセッターが二人いるので、あのタイミングで変えた。内山の経験とかを信じて投入した。

 

――4セット目以降、イゴール(・オムルチェン)の決定力が落ちていました。温存するとか、交代するという選択肢はなかったのか?

トミー監督:温存するというのはありませんでした。試合を進めるうちに東レの動きがよくなった。相手を褒めるしかない。

 

――内山選手を出した時にどういう指示をだしたのか?出した直後、内山選手は高松(卓矢)選手に3本連続トスを上げていたが?

トミー監督:試合中はセッターに任せているので、そういった指示はしなかった。

 

――第5セットの10点前後でサーブミスが4本あったが、メンタル面が原因なのか?

トミー監督:いろんな要因が考えられるとは思います。今後改善していかないといけないポイントの一つです。

 

――メンタル面でタフでなければいけないという意味?

トミー監督:私は、選手全員がタフな精神を持っているチームだと思っている。競ったゲームだった。結果が、この1、2点差が逆であったら、状況が違ったはず。その1、2点の問題で我々がタフじゃないというのは。我々はタフなチームです。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事