全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>久光製薬の新戦力 井上愛里沙&比金みなみ&中川美柚「日本代表が多いレベルの高いチームで自分を磨きたい」

インタビュー

2018-03-08 12:00 追加

久光製薬の新戦力 井上愛里沙&比金みなみ&中川美柚「日本代表が多いレベルの高いチームで自分を磨きたい」

V・プレミアリーグ 女子

──久光製薬スプリングスのイメージは?

井上:私はもう練習に入っているのですが、日本一というか、世界を見据えてバレーをしているということで、一人ひとりの意識の高さが表れているという印象です。

2月17日、NEC戦でVリーグデビューを果たした井上選手(写真いちばん左)

 

比金:試合を見ていて、ほんとにすごいな、強いなという印象が最初にあるのですが、一つ一つのプレーの質が高くて意識も高い。一人だけでなく全員がそういう意識を徹底して持っている。そういうところがすごいなと思います。たくさんの素晴らしいアタッカーがいる中で自分がトスを上げられるのは貴重なことだと思うので、一日一日大切にしっかり上げていきたいです。

中川:(試合は)まだテレビでしか見たことがないですが、オーラも見た目から違うというか、全日本の選手の方々がたくさん入っているということもありますが、意識がプレーから伝わってきます。

──みんなかもしれないですが、憧れている選手、一緒にプレーできて嬉しいという選手はいますか。

井上:たくさんいます。いろんな人のいろんな部分が見ていて勉強になります。

比金:皆さんすごいので、この人というよりは皆さんのプレーを見ていろいろ学んでいきたいと思っています。

中川:私も同じで、特定の方というより、コートに入っている選手の方々はみんな技術もすごいので学んでいきたいと思います。

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック