全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>久光製薬の新戦力 井上愛里沙&比金みなみ&中川美柚「日本代表が多いレベルの高いチームで自分を磨きたい」

インタビュー

2018-03-08 12:00 追加

久光製薬の新戦力 井上愛里沙&比金みなみ&中川美柚「日本代表が多いレベルの高いチームで自分を磨きたい」

V・プレミアリーグ 女子

──世界を見据えているチームのメンバーになって、日本代表への思いは?

井上:やっぱり全日本の主力の選手がいる久光製薬スプリングスという場所でバレーボールができるということは、ここで自分のプレーの質を上げて技術を磨いていけば、その先があるということだと思うので。うまい人のいい所を自分に取り入れて吸収して、もっと自分をレベルアップして、もし(日本代表に)選ばれることがあれば、そこで活躍できるようになりたいです。

比金:もし日本代表に選ばれるチャンスがあったら嬉しいことだと思うので、そこは目指しつつもまずは久光製薬スプリングスでしっかり自分の役割を果たして、チームに貢献できるように、技術や精神的な部分もこれから磨いていかなければならないと思います。日本代表の選手たちがいる中でプレーでき、毎日練習ができるので、そこでしっかり経験を積んで頑張った上で、代表に選ばれるようになっていきたいと思います。

中川:今の技術では日本代表に選ばれる自信はないので、久光製薬スプリングスに入団できたからには、日本代表の選手の方々のプレーをいっぱい見て、代表選手になれるように、少しでも近づけるように頑張っていきたいと思っています。

──久光製薬スプリングスの先輩と話をしましたか。

井上:寮の先輩とはけっこう話しています。

比金:私たちは着いたばかりなので……。でも久光製薬スプリングスには東龍(東九州龍谷高校)の先輩も多いので、来る前にいろんな場所で話をしました。

中川:同じ高校で一緒にプレーをした先輩もいるので、そういう先輩とは話したりしています。

──では、みんなの夢や目標を教えてください。

井上: レベルの高い所でやる以上、しっかり自覚を持ってプレーしないといけないと思いますし、まだ伸びしろがたくさんあると自分でひしひしと感じているので、その課題を克服しつつ上に行けるように。自分のプレーも精神面ももっと成長できるように頑張っていきたいと思います。

比金:まだまだ自分自身に課題がたくさんあるので……。でも課題があるということはそれを克服すればどんどん伸びていけると思うので、一つずつしっかり克服して自分の技術も精神力も磨いて、最終的には日本代表もありますが、まずはこのチームで少しでも貢献できるように日々頑張っていきたいです。

中川:夢って言われたら、世界で通用するような選手で、それを目指したいと思っているのですが、今のレベルだと遠いので、久光製薬スプリングスで精一杯頑張っていきたいと思います。

 

──では最後に、ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

井上:チームの戦力となれるように精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします。

比金:1年目なので新人らしく! チャンスがあれば自分ができることをしっかりできるよう日々練習を頑張っていきますので、これからたくさん応援していただければ嬉しいです。よろしくお願いします。

中川:一番年下なので、何でもどういうことに対しても一生懸命取り組んで、少しでもチームに貢献できるような働きをしていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

写真提供:久光製薬スプリングス、堀江丈

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック