中垣内祐一監督「柳田の復調、西田のサーブ開眼、ディフェンスがよかったことなどが勝因」 柳田将洋主将「厳しい状況でもやるべきことができた」 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>中垣内祐一監督「柳田の復調、西田のサーブ開眼、ディフェンスがよかったことなどが勝因」 柳田将洋主将「厳しい状況でもやるべきことができた」

会見・コメント

2018-06-11 19:55 追加

中垣内祐一監督「柳田の復調、西田のサーブ開眼、ディフェンスがよかったことなどが勝因」 柳田将洋主将「厳しい状況でもやるべきことができた」

全日本代表 男子

――サーブレシーブのことについて、20番のサーブに対して西田選手を入れて4枚カットさせていましたが。あれは通常の練習でもやっている想定内のことだったのですか。

 将来的な策ではありますが、実際に練習中にサーブレシーブをしたかというとあまりしていないです。試合の中での作戦です。

――今日の攻撃非常に良い攻撃があったが、理想の攻撃に近づいているのか。

 正直この3戦藤井と李のコンビが全く機能していなかった。それだけではないんですけど、セッターを替えてうまく回った。それでもまだトスになりきらないボールが極めて多い状況です。福澤なんかがオーバーで返すボールも散見されていましたが、ああいうボールをよりトスにしなければならない。レシーブでつないだボールがきちんとスパイカーにトスとして供給することをしていかないといけない。

――5セット目多分西田選手のサーブではじめたかったのだと思うのですが、何が起こったのですか。

 柳田がコイントスのあとサーブだと言ってきたので、西田のサーブで始めようとしました。
 そのあとごちゃごちゃあって、僕が副審に聞いたらトスでは日本が勝ったと言っていた。そのまたあとに、トスではイタリアが勝ってイタリアがサーブを選択したというのも聞きました。結果的にイタリアのサーブだったという不思議な現象でした。

――ここまでのセッター二人それぞれをどう評価されているか。今後の期待と課題。

 どちらのセッターも同じ様なレベルでプレーできているなと思います。例えば大竹とか高橋は関田とよくあっている。大竹を使うときには関田のほうがのびのびと打てる。福澤は両方大丈夫。使い分けは当初考えておりましたが、どちらが出ても、今の二人は非常に真ん中の使い方も勉強熱心ですし、いいところでパイプクイックを使ったりしている。現時点では2名ともセッターについては満足しています。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック