全日本女子・中田久美監督「負けるのは大嫌い。どこにも負けたくないです」 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>全日本女子・中田久美監督「負けるのは大嫌い。どこにも負けたくないです」

インタビュー

2018-08-06 18:05 追加

全日本女子・中田久美監督「負けるのは大嫌い。どこにも負けたくないです」

全日本代表 女子

1986年世界選手権では20歳でキャプテンを経験

――世界選手権も当然メダルが目標ですよね?

中田:獲りたいですね。獲りたいじゃなくて、獲る!

――メダルの色にはこだわらず?

中田:それはこだわりますよ(笑) 基本的に負けるのは大嫌いなので。

――ネーションズリーグの日本大会では、試合後の記者会見で涙を流される場面がありました。その時も負けるのが嫌いで悔しいという思いが強かったのでしょうか?

中田:はい、それ以外何もないです(笑)

――中田監督ご自身の現役時代の世界選手権の思い出として、「とても長丁場でやってもやっても終わらない大会だった」と以前おっしゃっていましたが、出場されたのは何回でしたでしょうか?

中田:2回じゃなかったかな? 17歳で初出場した時(1982年)は開催国がペルーで、ペルー戦は完全アウェー状態で、相手側の応援がものすごいことになっていました。

――1986年(チェコスロバキア大会)の時は、20歳でキャプテンをされていたんですよね?(大会中に21歳の誕生日を迎えた)

中田:そう、やりましたね、キャプテン。その次(1990年)はケガをしたので、全日本をお休みして、出ていないんですよ。

――出場された2回のうち、どちらの大会の印象が強いですか?

中田:どっちも。私の立場も最初は最年少の控え選手で、次はキャプテンと全然違ってましたし。でも、世界選手権を日本でやったことがないんです。だから、私にとっては日本が開催国の世界選手権は初めての経験になります。2010年の日本大会では解説席にいましたが、当事者としてはちょっと想像がつかない部分もあります。

――では、アジア大会、世界選手権と続きますが、メダルを期待していますので、頑張ってください! 今日はありがとうございました。


聞き手:高井みわ
写真:FIVB

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事