全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>大分小川監督「4試合目にして初めてのセット獲得」西田有志「1,2セットまではプレッシャーでスパイクをネットにかけたが、4セット目はリラックスできた」

会見・コメント

2018-11-08 15:14 追加

大分小川監督「4試合目にして初めてのセット獲得」西田有志「1,2セットまではプレッシャーでスパイクをネットにかけたが、4セット目はリラックスできた」

V1リーグ男子ジェイテクトvs大分三好の会見

V1リーグ 男子

V1リーグ男子 11月4日福井県営体育館 ジェイテクトSTINGS3-1大分三好ヴァイセアドラーの試合後の記者会見

試合は第1セットを大分が先取。ジェイテクトはスタートでミドルを廣瀬・福山の対角にしたが、2セット目途中からベテランの金丸を投入。ブロックで4特典など活躍して、逆転勝利した。

大分三好

小川貴史監督
4試合目にして、初めてセットを取ることができました。でもバレーボールは3セットとらなければならない競技である以上、まだまだそれは難しい。

1セット目は冷静にプレーができた。2セット目以降は冷静な判断ができず、攻め急いだ。今日のゲームプランとしては、「厳しい状況になったときは攻め直す」だった。1セットめはそれを意識した結果、ボールが落ちないバレーになった。メンタルのスタミナが必要。小松セッターが今季初スタメンだったんですけど、よく頑張ってくれたと思う。

――小松選手の起用の理由と今日の評価は。
小川監督:小松はアンテナからアンテナまでのパス力がある。クイックをよく通していた。

――マーク・エスペホ選手の今の評価。
小川監督:開幕戦以降硬さがあって、本来のプレーができなかった。ここにきてサーブも入りだした。そこが走り出したら、いい雰囲気でできている。サーブレシーブのところでつまずいている部分があるので、そこの集中力を上げたい。スパイクはもっとまだまだ行ける先取です。

マーク・エスペホ
いい試合だったんですけど、集中が持続せず、集中力がかけて勝てなかったです。

――なぜ日本のリーグでやろうと思ったのか。
エスペホ:最初の海外でのプレー。ずっと昔からフィリピン以外でバレーをしたいと思っていた。日本は、アジアの中では一番レベルの高いリーグだと思ったから。

――日本リーグの印象は。
エスペホ:始まったばかりですけど、本当に大変で、適応するのに精一杯。ここからが本当の自分のキャリアの始まりだと思っています。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事