全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>新主将に聞く 岩坂名奈(前編)「久光製薬でもキャプテンをやって、チームをまとめて勝たせることができれば、また成長できる」

インタビュー

2019-02-04 08:00 追加

新主将に聞く 岩坂名奈(前編)「久光製薬でもキャプテンをやって、チームをまとめて勝たせることができれば、また成長できる」

V1リーグ 女子

――そのキャプテンについてですが、酒井(新悟)監督から打診されたとき、初めは断ったというのは本当ですか?

岩坂:はい、本当です。日本代表も久光製薬スプリングスもどっちもというのは……と最初は断ったんですが、日本代表のキャプテンとしての1年目や昨シーズンを振り返ると、口では「覚悟決めました」と言っていましたが、実際は全部が中途半端で、キャプテンとして楽な方に楽な方にいっていたと思って……。心が折れそうなこともありましたが、それでは日の丸のキャプテンは務まらない。結果がすべてで、今までのキャプテンと比べられることもわかっていましたが、実際やってみると、自分の考えすぎかもしれないですが、周りはどうしても比べてしまう……。それに打ち勝てなかった自分もいる。でも周りばかり気にしていても意味がないですし、久光製薬スプリングスでキャプテンをやることによって、自分がどうやってチームをまとめるか、チームを勝たせるかを考えていくことで、キャプテンとしてまた一つ成長できると思ったのでやると決めました。

――「“岩坂キャプテン”になって、久光製薬スプリングスはさらにいいチームになったね」って言ってもらえるように、ですね。

岩坂:そう言われたらいいですけどね。すぐにはできないので、少しでもみんながチームにためにと思って取り組めるようにしていけたら。リーグもラストスパートに向かっていく中でいろんなことが起きるかもしれないですが、そういうときに全員の力を合わせて踏ん張れるチーム力を作っていかないと。久光製薬スプリングスは「負けず嫌い」が多いから、それがいいところでもあるし、「勝つ喜び」を知っているからこそ「もっとこうしたい」「こうなりたい」という思いがそれぞれあって意見を言い合えるのですが、負けセットのときなど雰囲気が悪くなるとしゃべることが少なくなってしまう……そこを打破できたときにチームがもっとよくなっているんじゃないかなと思うので、その発信源になっていけたらと思います。

――「ナナさんと一緒に」「ナナさんと頑張ります」。そんな声をよく聞きます。岩坂キャプテンには周りも話しやすいのかなと思いますが。

岩坂:ほんとですか? でも基本、後輩と話すのは苦手なんです……。でも、『それじゃいけない』『このままじゃ自分自身が成長しない』とここ数年で気づきましたし、コミュニケーションを取らないと「この子は何を考えているんだろう」「何を悩んでいるんだろう」ということがわからないので、そこは変わりましたね。自分も先輩方にいろんなことを教えてもらって今の自分があるので、もっと下の選手とコミュニケーションを取って、自分が教えてもらったことや経験してきたことを伝えていきたいと思っています。

――チームのことをそこまで考えて……つらいことはないですか? 気を遣ったり悩んだりはないですか?

岩坂:悩んだりは多いですね……基本、あまり人に言わないので。自分で考えて自分で勝手に暴走して一人だけ突っ走るっていうことがあるので、最近は年上の人やリサ(新鍋理沙)やユキ(石井優希)に自分の意見を言って「どう思う?」と聞いています。いろんな意見をくれるので、そういう考えもあるんだなと思ったり……答えは一つではないので。スタッフとも話をしたり、若い選手も「ナナさん大丈夫ですか?」といろいろ言ってくれるので、それをきっかけに「最近どう?」とかコミュニケーションを取るようにしています。

なるべくいろんな人と話して、こういう思いを持っているんだと伝えたり、『この人は何を考えているんだろうか』『苦しみながらも打破しようとしているのかな』などと思いながら距離を取ってみたりしています。キャプテンとして人として成長して、器を大きくしていきたいという思いがあるので日々勉強中です。

写真:黒羽白、堀江丈

(後編に続く)

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事