全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>群馬銀行・石原昭久監督「選手たちの頑張りに『あっぱれ!』をあげたい」 V2リーグ女子

会見・コメント

2019-02-06 08:37 追加

群馬銀行・石原昭久監督「選手たちの頑張りに『あっぱれ!』をあげたい」 V2リーグ女子

V2リーグ 女子

■JAぎふリオレーナ

「ミドルは上がったら決めるのが仕事。100%決めたい」

●佐々木美帆選手

先週、トヨタ自動車さんとやった時もそうでしたが、相手のホームで2セット先取して3つ落とすというパターンが続いているので…。うちはサイドもミドルも攻撃力はあるのですが、守備力がないので相手のサーブに崩されて(コンビが使えずに)レフトだけ、ライトだけになってしまうと、群馬銀行さんもブロックが高いので止められることが多かったかなと思います。
普段の練習からサーブレシーブを入れてコンビを組むという練習はしていますが、なかなか…。リーグも2週目に入ると分析もされてくるので、うちの甘いところを相手に攻められて負けるというパターンが多いかなと思います。

――今日のご自身のプレーは?

佐々木:ミドルは上がったら決めるのが仕事なので、100%で行きたいんですけど決め切れなかったり、4セット目も最後をアウトにしたりというのがあったので。
確実に上がってきたのは決めたい、100%決めるというのを目標に甘いところを詰めていけたらと思います。

――今シーズンを通じてはどうでしょうか?

佐々木:今シーズンはセッターが変わったこともあって、高いセットアップの位置から決めることが多くなったので、そこは一つの強みとしてやっていきたいです。サーブレシーブが少し乱れた時でも決められるように、もう少し(コンビを)合わせながらやっていきたいと思います。

――4セット目は率先してコートで声を出されていました。チームを引っ張っていく意識などは?

佐々木:中村さんが(全体のフォローで)控えに回ったり、去年まで経験を重ねてきた人がコートにいない分、攻められたときにチームが動揺してしまったりとかそういうもろい部分もあるので…気持ちだけは負けないようにしたいなというのもあって、声をかけたりするようにはしています。

――ファンの方に一言。

佐々木:広島、山形、群馬。遠いところになっても、相手のホームであっても応援に来ていただけているので…今負けが3つ続いていますが、残りの試合は全勝して恩返しできるように頑張りたいと思っています。

●椿本真恵監督

(この悔しさ、腹立たしさを)どこに持っていったらいいか、という心境です。

――2セット先取からの逆転負けとなってしまいました。3セット目で流れが変わってしまった理由は?

椿本:いやいや、1セット目、2セット目、3セット目全部同じ。前回(トヨタ自動車戦)も昨日(ヴィクトリーナ姫路戦)もそうですよね。
最初の5点を取れる選手ではなく、最後の5点を取れる選手がうちはいないのかなと。最後の5点の方が、最初の5点より重いんですよね。その勝負ができる人がいない…というのが勝てないところです。

――ゆえに中村(早紀子)選手を使わざるを得ない、と。

椿本:というより、交代はアタッカーのコンディションの問題です。

――今後に向けてどのようなことをお考えでしょうか?

椿本:ただ、やるしかないので。頑張ってやります。

 

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事