全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>姫路・高木理江 復帰のいきさつはまさかのスカウト!?「河合さんですね。やりませんか?みたいな感じで」 V2リーグ女子 

会見・コメント

2019-02-07 19:44 追加

姫路・高木理江 復帰のいきさつはまさかのスカウト!?「河合さんですね。やりませんか?みたいな感じで」 V2リーグ女子 

V2リーグ 女子

■JAぎふリオレーナ

「点数を取るのが自分の仕事だと思う」

●今井里美選手

前回も負けている相手。前の試合(トヨタ自動車戦)も敗戦していて悪い流れもあったので、そこを切れるように、今日は絶対勝つという気持ちで望めたんですが…最後の1点で我慢しきれずに自分たちからミスしてしまいました。
あと1点、あとちょっとっていうのが自分たちの弱いところかなと思うので、そこは修正して。終わったことは戻ってこないので、また次に向けてやっていきたいなと思います。

――今日の自分のプレーについては?

今井:相手のブロックが高いというのはわかっていたので、それを利用したり、自分で入り方とか工夫して点数を取ろうと。そこはできている部分もありましたが、やっぱり終盤我慢できなくて、自分からミスしたりとか…。何も考えずにと言ったら大げさかもしれませんけど、ブロックに向かって工夫もなく、ただシャットされてしまいました。あとちょっとあれば取れるところを取り切れないというのがまだまだだなと思います。

――第3セット、リードしているところから追いつかれてしまったのも、そういう部分が出たのでしょうか?

今井:そうですね。

――今シーズン、これまでのご自身について振り返っていただけますか?

今井:これまではあまりスタートから出るということがなかったのですが、今シーズンはチーム事情もあってスタートから出させてもらっています。
自分はあまり守備が得意ではないので、点数を取るというところを一番意識して…。点数を取るのが自分の仕事だと思うので、そこは役割として大事だなと思っています。
できている部分もありますが、やっぱり競った時、あと1点欲しい時、ここで決めたいっていう時に取れるかっていうのが上との差だと思っているので、そこはもっと詰めていきたいなと思います。

――今井選手に限らず、JAぎふのアタッカー陣はスパイクが強烈というか、パワーがあるように見受けますが…?

今井:みんな高さとパワーがあるので、そこは活かせるようにというのはありますが、勝負に行く分リスク、ミスも多いので、勝負するところとつなぐところ(の区別)など、そういう部分をもうちょっと詰めていければ、もっと得点も取れるのかなと思っています。

――話が少し変わります。バレーボールを始めたきっかけは、今日の対戦相手、竹下監督にあこがれてと聞きました。なにか試合中、意識したところなどありましたか?

今井:少なくとも今、(竹下監督を)強く意識しているかというとそこまではないです。ただ、相手は強いチームなので良い試合をしたいというのはありますね(笑)

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事