全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>NECが日立にフルセット、岡山が姫路にストレートで勝ち、ともに2連勝。デンソーはトヨタ車体にストレート勝利し、1勝1敗 V1女子 V Cup

トピックス

2021-02-28 20:56 追加

NECが日立にフルセット、岡山が姫路にストレートで勝ち、ともに2連勝。デンソーはトヨタ車体にストレート勝利し、1勝1敗 V1女子 V Cup

V1女子 V Cupの結果

V1リーグ 女子

 バレーボール2020 21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN (V1女子)は28日、V Cup2日目の計3試合が埼玉県立武道館(埼玉県上尾市)、岡崎中央総合公園総合体育館(愛知県岡崎市)の2会場でリモートマッチ(無観客)にて行われた。

 埼玉ではNECが日立と対戦。前日の試合に引き続き、ルーキーの野嶋華澄、安田美南、2年目の吉田あゆみ、内定選手の川上雛菜ら新戦力や若手を積極的に起用するNECに対し、日立は長内美和子、上坂瑠子、入澤まいらリーグを通して戦ってきた選手たちが中心となって攻撃に参加し、日立が2セットを先取した。しかし、ここからNECの反撃が始まり、安田から交代したセッターの塚田しおりが多彩なトス回しで吉田、廣瀬七海、主将の山内美咲らに配球し、大きくリード。第3セットを25-15で取り返した。第4セットは競り合いとなるも、久しぶりに前衛でコートに立った柳田光綺の攻撃や上野香織の連続サービスエースなどでNECが25-21で奪取し、試合はフルセットに。最終セットは一進一退の攻防となり、デュースにもつれ込むが、最後はNECが上野や山内らの活躍で17-15で取り切って、フルセットの激闘を制した。

 愛知ではホームのデンソーがトヨタ車体と対戦。最初の2セットはデンソーが25-12、25-10と点差をつけて連取するも、第3セットはトヨタ車体のソロカイテ・インドレらが活躍して競り合いとなり、デュースに。セット終盤は今季のリーグで新人賞を受賞した横田真未が攻撃面で活躍し、26-24でデンソーが奪取。ストレートで勝利した。

 愛知の第2試合は岡山と姫路が対戦。岡山は堅実なレシーブから攻撃につないで第1セットを25-16で先取する。しかし、第2セットは姫路が貞包里穂主将、金杉由香を投入し、流れを変える。一方の岡山はセッターを宇賀神みずきから小野寺夏希に交代してリズムを変え、競り合いを抜け出して25-23でセットを連取した。第3セット、岡山は高さのある付欣田がコートに入り、ブロック、スパイクともに活躍。25-18でセットを奪取し、ストレートで姫路を破り、2連勝となった。

 次週は栃木、富山、岡山の3会場で試合が行われ、3会場とも有観客となる予定。

【28日の結果】
■Aグループ
デンソー(1勝1敗) 3(25-12、25-10、26-24)0 トヨタ車体(0勝2敗)
岡山(2勝0敗) 3(25-16、25-23、25-18)0 姫路(0勝2敗)
■Bグループ
NEC(2勝0敗) 3(26-28、20-25、25-15、25-21、17-15)2 日立(0勝2敗)


写真:堀江丈
 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック