全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ワールドカップ 全日本女子は5位で終える

トピックス

2015-09-07 01:17 追加

ワールドカップ 全日本女子は5位で終える

ワールドカップ2015女子の最終結果

全日本代表 女子

ワールドカップ2015女子大会最終日は6日、日本ガイシホールなどで行われ、日本は首位の中国と対戦。セットカウント1-3(17-25、25-22、21-25、22-25)で敗れ、7勝4敗の5位で大会を終えた。中国は10勝1敗勝ち点30となり、同じ10勝1敗のセルビアを勝ち点で上回り、金メダルを獲得。セルビアが銀メダルとなり、この2チームが五輪出場権を獲得した。また、MVPは中国の朱婷(シュ,テイ)選手が獲得した。
最終結果は以下の通り。

●最終順位
1位 中国(10勝1敗、勝ち点30)
2位 セルビア(10勝1敗、勝ち点26)
3位 アメリカ(9勝2敗、勝ち点28)
4位 ロシア(9勝2敗、勝ち点27)
5位 日本(7勝4敗)
6位 韓国(5勝6敗、勝ち点16、セット率0.947)
7位 ドミニカ共和国(5勝6敗、勝ち点16、セット率0.857)
8位 アルゼンチン(4勝7敗、勝ち点12)
9位 キューバ(4勝7敗、勝ち点11)
10位 ケニア(2勝9敗)
11位 ペルー(1勝10敗)
12位 アルジェリア(0勝11敗)

●個人賞
・MVP=朱婷(シュ,テイ)(中国)
・ファーストベストアウトサイドスパイカー賞=ブランキツァ・ミハイロビッチ(セルビア)
・セカンドベストアウトサイドスパイカー賞=タチアナ・コシェレワ(ロシア)
・ファーストベストミドルブロッカー賞=ダイマラ・レスカイ(キューバ)
・セカンドベストミドルブロッカー賞=テトリ・ディクソン(アメリカ)
・ベストリベロ=ブレンダ・カスティージョ(ドミニカ共和国)
・ベストセッター=ニベルカ・マルテ(ドミニカ共和国)
・ベストオポジットスパイカー=ナタリア・オブジョチャエワ(ロシア)

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック