全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>2セット先取もイランにフルセットで敗れる

トピックス

2015-09-19 00:56 追加

2セット先取もイランにフルセットで敗れる

ワールドカップ2015 男子大会の結果

全日本代表 男子

ワールドカップ男子大会は18日、大阪市中央体育館などで行われ、日本はイランに25-22、25-23、18-25、21-25、12-15のフルセットで敗れた。 2セットを先取したものの、ミドルとレフトを第3セットから交代してきたイランに対し対応できず、また3セット目以降はサーブミスも増えて相手に楽な展開に運ばれ、逆転負けを喫した。イランのジャンピングフローターに石川と柳田が崩され、第4セットは前衛でも米山を使うなどしたが劣勢は覆せず。 スターティングメンバーは清水邦広、鈴木寛史、石川祐希、深津英臣、柳田将洋、出耒田敬、リベロ永野健。

次は21日、場所を東京代々木第一体育館に移してアルゼンチンと対戦。22日にポーランド、最終日23日はロシアと対戦する。
全勝の米国はチュニジアを退け8連勝で回地点24。ポーランドもオーストラリアを下し8連勝で勝ち点23。 ロシアはエジプトに3-0、イタリアもベネズエラにストレート勝ちし、1敗を守った。

写真:FIVB

サーブで狙われつつもチーム最多の20得点を挙げた石川祐希

サーブで狙われつつもチーム最多の20得点を挙げた石川祐希

 

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック