全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ヴォレアス北海道、母体クラブ「アイ・ディー・エフ」で全国6人制総合出場「優勝目指す」

トピックス

2017-02-01 12:00 追加

ヴォレアス北海道、母体クラブ「アイ・ディー・エフ」で全国6人制総合出場「優勝目指す」

V準加盟ヴォレアス北海道の近況

Others

IMGP9122

Vリーグ準加盟が内定しているヴォレアス北海道が、その母体であるクラブチーム「アイ・ディー・エフ」として、2月4日(土)に開幕する第7回全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会の東部決勝リーグに出場する。

全国6人制総合(旧・地域リーグ)は東部7チーム、西部8チームによるリーグ戦を経て、各上位2チームによるグランドチャンピオンマッチにより順位を決定する。この大会の成績にかかわらず、ヴォレアス北海道の来季(2017/18シーズン)V・チャレンジリーグIIへの出場は内定しているが、チーム一同「出るからには優勝を目指す。来季からのヴォレアス北海道としての戦いの弾みにしたい」と意気込んでいる。

「ここであれば表現できる」

アイ・ディー・エフの全国6人制総合登録選手は21名。昨年10月のヴォレアス北海道発足会見に出席した池田憲士郎主将、加藤伊織(前豊田合成トレフェルサ)、白石啓丈(前つくばユナイテッドSun GAIA)など現在クラブに所属する選手に加え、セレクションにより5名の選手が登録された。「今の北海道の中では、いちばんいいメンバーが集まったチーム」と春間好実監督が語るのは決して大げさではない。

IMGP9551

家近選手。久しぶりの全国舞台

セレクション組のひとり、2シーズン前まで東京ヴェルディに所属していた家近滉一は「地域のバレーボール活性化を願い、応援してくださるたくさんの方々に、チームとしても、個人としても、返していけるものが、ここであれば表現できる」と、新しいチームへ参戦を志した動機を語る。ヴェルディ時代に担った攻撃面に加え、「ヴェルディの時よりもレシーブが求められるので、個人的には攻守ともにチームに貢献出来るように、苦しいところはなんとか自分が決めて、引っ張っていけるようにやっていきます」と、久しぶりの全国舞台に意気込みを見せる。

ヴォレアス発足とともに北海道入りした白石「寒さには慣れました」とにっこり

ヴォレアス発足とともに北海道入りした白石選手「寒さには慣れました」と笑顔

「北海道の底力を結集し、優勝へ」

アイ・ディー・エフは、全国6人制総合開幕を前に、年明け以降、土日チーム練習を札幌で集中しておこなっている。普段は旭川、札幌など、北海道各所に拠点を置く選手たちが、この全体練習で集中的に、ブロック、レシーブなどの連携や、チームの色を打ち出すために試行錯誤しながらのゲーム形式の練習など、チーム作りを進めてきた。「選手個々にはできるヤツが多いと思うので、お互いが意思疎通して丁寧にプレイして行ければ、良いゲームができると思うんです。短い期間の中ですがしっかりと詰めていきます。細かい個人の技術以上に、コミュニケーションを重視してやっていければ良いと思っています」(春間監督)

2017/18の「ヴォレアス北海道」に向けて

加藤選手の視線は「その先」へ

加藤選手の視線は「その先」へ

一方、この大会には、「ヴォレアス北海道」にとっては、ひとつの出発点であり、これからのチームの将来に繋がる大事な機会であるという位置づけもある。加藤は「記者会見に出席した3選手が参戦する以上、アイ・ディー・エフとして大会に出場していても、それをヴォレアス北海道として見られると思う」とした上で、この大会以降にも思いを馳せる。「(ヴォレアス北海道としては)昨年12月に準加盟承認がおり、これからどういうチームにして行くか考え、このチームに合った人材を集めていくという段階です。ここから、新しい人も加わって、もちろん、いなくなる人もいるとは思うんですけど、そういった中での今大会はかなり重要になってくると思いますし、この結果で、来季どういう風にやっていかなければいけないのかという課題も見えてくると思うので、いい機会だと思うんです」
東部リーグでの対戦相手には、関東、東海という激戦区で揉まれてきた実業団、クラブチームが揃っている。池田主将は「北海道にいると、外に出る機会がほんとに少ないので、V・チャレンジリーグに入るチームとして、このタイミングで実業団などと対戦できることは、チーム力の基礎をつけていく、経験を積む、という上で非常に大事な意味合いを持っている」と、これから迎える大会に向けて、目を輝かせた。

それぞれの選手の技術と意気込みを結集し、いずれ「ヴォレアス北海道」となるチームの母体、アイ・ディー・エフの新しい一歩がここに始まる。

第7回全国6人制バレーボールリーグ総合男女優勝大会 アイ・ディー・エフ試合日程

IMGP6576

■東部決勝リーグ

○アイシン精機体育館(愛知県刈谷市)

2/4(土)13:00~ 三菱東京UFJ銀行 (Bコート第1試合)
2/5(日)12:00~ 新日鐵住金君津 (Aコート第2試合)

○新日鐵住金君津体育館(千葉県君津市)

2/18(土)13:00~ 東京海上 (Aコート第1試合)
2/18(土)15:00~ FORVAL BONDS (Aコート第2試合)
2/19(日)10:00~ トヨタ車体 (Aコート第1試合)

○東京海上日動石神井体育館(東京都練馬区)

2/25(土)15:20~ アイシン精機 (第3試合)

■グランドチャンピオンマッチ

(東部上位2チーム・西部上位2チームによる大会)
3/11(土)住友電工大阪製作所体育館

 

文・写真 出口季里

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック