全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>【ビーチバレー】村上礼華/出口花組が2大会連続準優勝、東谷玲衣奈/菊地実結組は11位(U-21)

トピックス

2017-03-07 10:19 追加

【ビーチバレー】村上礼華/出口花組が2大会連続準優勝、東谷玲衣奈/菊地実結組は11位(U-21)

ビーチバレーの結果

Others

「第2回アジアU-21女子ビーチバレーボール選手権大会」が3月2日(木)から3月4日(土)まで、ロイエット(タイ)で行われ、日本からは村上礼華(松山東雲女子大学2年)/出口花(福知山成美高校3年)組と東谷玲衣奈(八王子実践高校2年)/菊地実結(共栄学園高校2年)組の2組が出場した。

前回大会準優勝で、初優勝を目指す村上/出口組は、準決勝でバヌアツのJoe/Toko組に勝利し2大会連続のファイナリストになるも、決勝戦でタイのChanthawichai/Singchuea組にセットカウント1-2で敗れ、2大会連続準優勝となった。

村上/出口組がこの大会の最終成績上位5位以内に入ったことにより、日本に「FIVBビーチバレーボールU-21女子世界選手権大会2017」本戦への出場権が与えられた。「FIVBビーチバレーボールU-21女子世界選手権大会2017」は7月11日(火)から16日(日)まで南京(中国)で開催される。

初出場の東谷/菊地組は、全体の11位だった。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック