全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>久光製薬 水田祐未、 兒玉仁美、石橋里紗、中大路絢野の4選手が退部

トピックス

2017-06-30 19:45 追加

久光製薬 水田祐未、 兒玉仁美、石橋里紗、中大路絢野の4選手が退部

久光製薬 退部選手の発表

V・プレミアリーグ 女子

 久光製薬スプリングスは、30日、水田祐未、 兒玉仁美、石橋里紗、中大路絢野の4選手が同日付けで退部したことを発表した。
 4選手からのコメントは以下の通り。

■水田祐未選手
 この度、6月末日をもちまして、現役選手を引退致します。久光製薬には8年間お世話になり、スプリングスの選手として、とても貴重な経験を沢山させていただきました。
 バレーボールを通して、一緒に日々を過ごした選手・スタッフ、関係者の方々、家族、友人、ファンの方々・今までお世話になった皆様との本当に恵まれた出会いのお陰で、ここまで充実した選手生活を過ごすことができました。本当にありがとうございました。
 これまでの経験を今後のステップでしっかりと活かしていきます。
 久光製薬スプリングスは、次の目標へ向けて進化し続けます。今後とも、久光製薬スプリングスへの温かいご声援を宜しくお願い致します。

■兒玉仁美選手 
 短い期間でしたが、たくさんの経験をさせて頂きとても勉強になりました。
 久光製薬スプリングスで学んだ事を今後に活かし頑張ります。
 ご声援ありがとうございました。

■石橋里紗選手
 5年間応援してくださった皆様、ありがとうございました。久光製薬では大きな挑戦の連続で、その経験により選手としても1人の人間としても成長させてもらえたことに感謝しています。
 バレーボールに専念できる環境で、練習も試合も変わりなく、1日1日が特別で貴重な日々を過ごすことができ、毎日がとても充実していました。それもファンの皆様、会社、先生、家族、友人、数えきれないほど沢山の方に支えられていたおかげです。おかげさまで今の自分があります。本当にありがとうございました。
 引退しますが、新たな自分の目標を達成できるように精進していきます。
 これからも久光製薬スプリングスへの変わらぬご声援宜しくお願い致します。

■中大路絢野選手
 3年間という短い間でしたが、久光製薬で過ごした時間はとても濃い時間でした。
 内定選手として帯同させていただいたシーズンから、日本一、アジア1、世界クラブ選手権など、本当に貴重な経験をたくさんさせていただきました。
 悔しい思いをしたこともありましたが、周りの方々に恵まれて助けていただいたおかげで、たくさんの喜びを感じることができました。
 久光製薬スプリングスでの経験、今までの長いバレー人生での経験を今後の人生の糧としていきます。
 ここまで私を支え、育ててくださった、会社、チームスタッフ、選手、恩師、家族、そして一緒に戦い、いつも励ましてくださったファンのみなさまに感謝しています。本当にありがとうございました。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事