全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>岩坂名奈(後編)「あの時があったからこそ、今の自分がいる」

トピックス

2017-07-14 08:00 追加

岩坂名奈(後編)「あの時があったからこそ、今の自分がいる」

全日本女子主将 岩坂名奈選手インタビュー後編

全日本代表 女子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全日本女子キャプテンの岩坂名奈選手インタビュー。後編は、自身のプレーや今後の目標についてお話を伺った。

ミドルブロッカーとしての課題

――全日本は復帰という形になりますが、久しぶりに合宿に参加してみて、以前との違いなどを感じる部分はありますか?

岩坂:私自身、若手の頃はついていくのが精一杯だった部分もあり、当時については悔しさしか残っていないです。でも、その経験があってこそ、今、ここにもいられるし、こうやって代表という場で久美さんと一緒にバレーもできているのだと思っています。日の丸を背負うということは本当に覚悟と責任が必要ですが、あの時の悔しさがあったからこそ、自分自身もそれまでの間にいろいろなことを経験できたので、今となってはいい経験をさせてもらったなという思いはあります。その当時に戻れば「悔しい」しかないですが、あの時があったから、今この場所にいれると思っているので。

――復帰までにチームでさまざまな経験をして、スキルアップもしてきたと思いますが、今は若手の頃に比べて、精神的にも余裕が持てている感じでしょうか?

岩坂:現在は立場としてもキャプテンで、だからといって特別何かをするということではないですが、締める時は締めて、違う方向に行きそうな時はみんなが同じ方向に行けるようにしなければと感じています。同じ全日本でも私が若手の頃と現在では全然違うので、ブレずに最後まで走り続けていきたいと思っています。

――始動後、1か月ずっと合宿というスタイルは例年あまりなかったことですが、そろそろ試合をしてみたいなという感じになってきましたか?

岩坂:今の状態で、どこまで何が通用して、何が通用しないのかというのを、このメンバーで挑戦したいという思いはあるので、それまでに限られた時間しかないですが、今よりもさらに質を上げていったり、もっとチーム力というものを上げて、ワールドグランプリに臨めるようにしたいと思っています。

――ゲーム形式での練習もあるかと思いますが、実戦の場での雰囲気はこんな感じかな?というのはつかめてきていますか?

岩坂:個別の練習だけではなく、複合的な練習ももちろん取り入れていますが、やはり、今やってることを練習でも試合を想定してやっていかないと…。いざ試合ですとなったら、会場にお客さんが入った状態で、声が通るかどうかもわからない状況であっても力が発揮できないと意味がないので、1日1日試合を想定して取り組んでいます。

――外国人のフェルハト・アクバシュコーチが入ったことで、今までとは違うと感じた部分はありますか?

岩坂:英語を理解しないといけないですし、今までだったら、何か言われた時はボールの動きを止めて聞いていましたが、ボールを止めずに聞きながらプレーすることもあり、最初はそこですごく頭を使っていました。

――だんだん指示の内容がわかるようになってきましたか?

岩坂:私は英語はわかりませんが、通訳さんが訳す前に「きっとこういうことを言ってるんだろうな」ということが日に日にわかるようになってきてはいます。

――英語が得意な選手はいますか?

岩坂:松本(亜弥華)選手はアメリカの大学出身なので、コーチと英語で会話したりしていました。

――ご自身はミドルブロッカーとして、ここをアピールしていきたいという部分はありますか?

岩坂:今まではブロックが武器と言ってきましたが、ブロックだけでは到底通用しないので、攻撃面だったり、サーブだったり、サーブ後のディグを上げていかないと。世界レベルのミドルはディグやスパイクなどでの貢献度が高いので、得意なプレーはブロックですけど、ブロックだけじゃなく、どのプレーにおいてもしつこさを求めてやっていきたいと思っています。

――ブロックについて。リードブロックとコミットブロックがありますが…。

岩坂:状況によって使い分けてるんですけど、リードの場合、相手に速い人がいると遅れてしまうことが多いので、そこを今、遅れたとしても手の出し方などを意識して取り組んでいます。

――どちらが好きというのはありますか?

岩坂:全然スピードが足らないですけど、どちらかというとリードの方が駆け引きもできるし、遅れていてもうまくタッチが取れて、なおかつ後ろのディガーも拾えるとすごく嬉しいですね。コミットで止められた時も嬉しいですけど、どちらかというとリードでタッチが取れた時の方がいいかもしれません。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事