全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>グラチャンバレー 全日本男子、イランに1-3で逆転負け

トピックス

2017-09-16 21:13 追加

グラチャンバレー 全日本男子、イランに1-3で逆転負け

グラチャンイタリア戦

全日本代表 男子

ワールドグランドチャンピオンズカップ第4戦が行われ、日本はイランに1-3で敗れた。

スターティングメンバーは、大竹壱青、藤井直伸、山内晶大、柳田将洋、山本将平、李博 リベロ井手智。
両ミドルと石川祐希の代わりに入った山本将平の活躍で第1セットを先取。第2セットは序盤被ブロックなどでリードを広げられたが、中盤で柳田のサーブでブレイクし、おいすがったものの終盤にまた離され、セットを落とす。第2セット終盤には柳田に代えて小野寺太志をレセプションに参加させた。第3セットは終始接戦となったが、イランのサービスエースなどでこのセットも落とした。第4セットは序盤でガエミのサービスエースでイランがリード。柳田を小野寺に、藤井を深津英臣に代えたがそのまま落とした。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

  • かず吉

    3セット目だったか、日本のチャレンジが成功したにもかかわらず、ノーカウントやり直しになった場面があった。どー考えても納得できんしおかしい。アナウンサーにはその事を何故なのか解説陣に振って欲しかったし、誰もその事に触れないのはどー考えても解せない。