全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>石井・村上ペアが準決勝へ AVCビーチバレーボールアジアツアー2017グランフロント大阪大会

トピックス

2017-10-09 04:55 追加

石井・村上ペアが準決勝へ AVCビーチバレーボールアジアツアー2017グランフロント大阪大会

AVCビーチバレーボールアジアツアー2017グランフロント大阪大会の結果

 「AVCビーチバレーボールアジアツアー2017グランフロント大阪大会」は8日、大阪府大阪市のグランフロント大阪 うめきた広場内特設会場と毛馬桜之宮公園 大阪ふれあいの水辺で大会3日目の試合が行われた。

 午前中は女子のトーナメント戦第1ラウンドが行われ、日本は6チームが出場。日本チーム同士の対決では、永田唯/熊田美愛組が長谷川暁子/二見梓組を2-1で、西堀健実/草野歩組が溝江明香/橋本涼加組を2-0で下した。また、鈴木悠佳子/藤井桜子組と石井美樹/村上めぐみ組もそれぞれタイとニュージーランドのペアに勝利し、準々決勝に勝ち進んだ。

 同じく午前中に行われた男子の準々決勝では、日本のチームで唯一勝ち残った白鳥勝浩/高橋巧組がカタールのJefferson/Cherif組と対戦。ストレートで敗れ、5位タイで大会を終えた。

 午後からは、女子の準々決勝と男子の準決勝が行われた。女子準々決勝の石井/村上組、永田/熊田組の日本チーム対決では、石井/村上組がストレートで勝利し、準決勝進出を決めた。一方、鈴木/藤井組はインドネシアのDhita/Putu組に、西堀/草野組はオーストラリアのArtacho Del Solar/Clancy組に敗れ、5位タイで敗退となった。

 2試合ともカタールとインドネシアの対戦となった男子準決勝は、カタールのJulio/Ahmed組とインドネシアのGilang/Danangsyah組がそれぞれ勝利し、決勝戦進出を決めた。

 最終日となる9日は、グランフロント大阪で女子の準決勝と男女の3位決定戦、決勝戦が行われる。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事