全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>首位パナソニック勝ち点を伸ばす 豊田合成は4位に後退

トピックス

2017-11-26 20:50 追加

首位パナソニック勝ち点を伸ばす 豊田合成は4位に後退

V・プレミアリーグ男子の結果

V・プレミアリーグ 男子

V・プレミアリーグ男子は11月26日、大田区総合体育館などで試合が行われ、首位パナソニックが司令塔を関田誠大選手でスタートしてFC東京に3-1で競り勝ち、勝ち点を伸ばした。第2セットはFC東京が点差をつけて獲得。第4セットも3-0とリードする展開だったが、川村監督は関田を使い続けた。レセプションを崩された福澤達哉に代えてルーキーの久原翼を投入。うまく流れを変えて勝ちきった。

ホームゲームだったサントリーは、JTのエドガーのサーブに崩されて大量失点。栗山に代えてよねやまを投入したが、そのまま押し切られた。イゴールがベンチアウトの豊田合成は7位の堺に1-3で敗れ、4位に後退。東レとジェイテクトは激しく競り合い、フルセットにもつれ込んだが東レがデュースとなった最終セットを制した。

・順位 勝ち点
1位 パナソニック 28
2位 東レ 20
3位 JT 17
4位 豊田合成 16
5位 ジェイテクト 15
6位 サントリー 14
7位 堺 9
8位 FC東京 1

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事