全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>V・プレミアリーグ女子 トヨタ車体、東レに競り勝ち、今年初白星。多治見監督「攻め続けたことが勝利につながった」

トピックス

2018-01-08 04:19 追加

V・プレミアリーグ女子 トヨタ車体、東レに競り勝ち、今年初白星。多治見監督「攻め続けたことが勝利につながった」

V・プレミアリーグ女子の結果

V・プレミアリーグ 女子

 V・プレミアリーグ女子は7日、大分県立総合体育館と岐阜メモリアルセンター(で愛ドーム)で試合が行われた。

 昨年末の皇后杯で優勝したものの、リーグでは連敗していたトヨタ車体は東レと対戦。フルセットの大接戦となったが、最終セットはネリマン・ゲンシュレックが勝負どころでポイントを重ね、3-2で東レを退けた。試合後、髙橋沙織主将は、「苦しい場面がたくさんあったが、全員の力で勝ち取った勝利。ファイナル6はまだ決まっていないが、それまでの過程を大事にチーム一丸となって戦いたい」と話した。また、多治見麻子監督は「最終セットでは、受け身にならず攻め続けたことが勝利につながった」と語った。トヨタ車体は順位を1つ上げ、5位となった。

 首位の久光製薬はNECにストレートで勝ち、開幕17連勝。2位のJTは7位の上尾にフルセットで辛勝した。

順位 チーム(勝ち点)
1位 久光製薬(49)※ファイナル6確定
2位 JT(38) ※ファイナル6確定
3位 デンソー(27)
4位 東レ(23)
5位 トヨタ車体(21)
6位 NEC(20)
7位 上尾(16)
8位 日立(10)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事