V・チャレンジリーグⅠ女子 岡山が優勝。PFU・ドリスがスパイク賞、ブロック賞をダブル受賞 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>V・チャレンジリーグⅠ女子 岡山が優勝。PFU・ドリスがスパイク賞、ブロック賞をダブル受賞

トピックス

2018-02-25 20:39 追加

V・チャレンジリーグⅠ女子 岡山が優勝。PFU・ドリスがスパイク賞、ブロック賞をダブル受賞

V・チャレンジリーグⅠ女子 最終結果

V2リーグ 女子

 V・チャレンジリーグⅠ女子は、25日、黒部市総合体育センターとコカ・コーラウエストスポーツパーク県民体育館で最終日の試合が行われた。
 岡山とPFUの優勝争いは、最終日に直接対決で決まる形となり、注目の1戦となったが、岡山がストレートで勝利し、優勝を決めた。
 また、個人賞(個人技術集計分)が決定し、PFUのドリス・ジェニファー選手は、スパイク賞、ブロック賞をダブルで受賞した。

 最終結果は以下の通り。

■順位(勝ち点) 
1位 岡山(50)
2位 PFU(49)
3位 KUROBE(33)
4位 熊本(17)
5位 JAぎふ(16)
6位 トヨタ自動車(16)
7位 大野石油(8)

■個人賞
・得点王(最多得点):佐藤優花(トヨタ自動車ヴァルキューレ) ※初受賞
・スパイク賞(アタック決定率):ドリス,ジェニファー(PFUブルーキャッツ) ※4年ぶり3回目
・ブロック賞(セット当たりブロック決定本数):ドリス,ジェニファー(PFUブルーキャッツ) ※4年ぶり3回目
・サーブ賞(サーブ効果率):大楠鼓雪(岡山シーガルズ) ※初受賞
・サーブレシーブ賞(サーブレシーブ成功率):馬場ゆりか(KUROBEアクアフェアリーズ) ※初受賞

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック