V・チャレンジリーグ2男子 ヴォレアス北海道が初優勝 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>V・チャレンジリーグ2男子 ヴォレアス北海道が初優勝

トピックス

2018-02-25 21:32 追加

V・チャレンジリーグ2男子 ヴォレアス北海道が初優勝

V・チャレンジリーグ2男子最終結果

V2/V3 男子

V・チャレンジリーグ2男子は最終日の25日、稲城市総合体育館(東京都)・旭川市総合体育館(北海道)の2会場で試合がおこなわれた。
1試合を残した時点で、1位のきんでんトリニティーブリッツと2位のヴォレアス北海道は勝率では並んでいて3ポイント差。きんでん(稲城第2試合)は2セット以上を取ると優勝となり、ヴォレアス(旭川第2試合)は自身が3-0か3-1で勝利し、きんでんが0-3か1-3で敗れた場合に優勝の可能性が残されていた。
先に旭川のヴォレアスが奈良NBKドリーマーズを3-0のストレートで破り、全日程を終了していた。遅れてきんでんが東京ヴェルディと対戦。旭川ではシーズンを終えたヴォレアスの選手、スタッフ、ファンらが、一連の終了イベントや合同記者会見を終えたあと、撤収作業の進むアリーナで、その戦況を見守る流れとなった。
東京ヴェルディが3-1で勝利したことがわかった瞬間、旭川のアリーナは歓喜の渦に包まれた。参戦初年度のヴォレアスは勝率できんでんを上回り、優勝を果たした。

最終順位と、現時点で確定している個人賞は下記の通り。

最終順位

  1. ヴォレアス北海道 43ポイント(15勝3敗)
  2. きんでんトリニティーブリッツ 43ポイント(14勝4敗)
  3. 近畿クラブスフィーダ 36ポイント(12勝6敗)
  4. ヴィアティン三重 34ポイント(11勝7敗)
  5. 東京ヴェルディ 29ポイント(10勝8敗)
  6. 千葉ゼルバ 28ポイント(10勝8敗)
  7. 長野GaRons 25ポイント(9勝9敗)
  8. 奈良NBKドリーマーズ 18ポイント(5勝13敗)
  9. 兵庫デルフィーノ 13ポイント(4勝14敗)
  10. 東京トヨペットグリーンスパークル 1ポイント(0勝18敗)

個人賞

  • スパイク賞 陳建禎(ヴォレアス北海道)58.20%
  • 得点王(最多得点) 陳建禎(ヴォレアス北海道)348本
  • ブロック賞 中野壮一朗(千葉ゼルバ)1.03本
  • サーブ賞 納庄皓仁(兵庫デルフィーノ)18.80%
  • サーブレシーブ賞 白石啓丈(ヴォレアス北海道)72.50%

 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック