日立 佐藤あり紗、東原枝里、ジャクソン・カースティの退団を発表 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>日立 佐藤あり紗、東原枝里、ジャクソン・カースティの退団を発表

トピックス

2018-06-06 22:46 追加

日立 佐藤あり紗、東原枝里、ジャクソン・カースティの退団を発表

日立 退団者の発表

V1リーグ 女子

 日立リヴァーレは、佐藤あり紗、東原枝里、ジャクソン・カースティの3選手の退団を発表した。佐藤選手は移籍を希望しており、東原選手は現役を引退する。

 佐藤選手は東北福祉大卒業後、6年間同チームでリベロのポジションを務め、2016年にはリオ五輪にも出場。2016/17シーズンにはサーブレシーブ賞とベストリベロ賞をダブル受賞するなどの活躍をした。
 東原選手は大阪国際大学卒業後の4年間、アメリカ出身のジャクソン選手は外国人選手として2シーズン、ともにミドルブロッカーとして活躍した。

 3選手からのコメントは、以下の通り。

■佐藤あり紗選手
この度、日立リヴァーレを退団致しました。
今まで支えて下さった日立オートモティブシステムズ関係各位、ファンの皆様、一緒に戦ってきたチームメイト、6年間ありがとうございました。

■東原枝里選手
いつもたくさんのご声援ありがとうございます。
この度、日立リヴァーレを退部、引退することになりました。
リヴァーレで過ごした4年間はあっという間でしたが、とても貴重な日々を過ごすことが出来ました。
どんな状況であっても、共に戦い支えてくださった方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。
バレーボールを通して皆さまに出会えたこと、素晴らしい環境の中でバレーボールが出来たこと、とても嬉しく思います。
今まで、本当にありがとうございました。
これからも日立リヴァーレへの温かいご声援よろしくお願いします。

■ジャクソン・カースティ選手
2シーズン、日立リヴァーレでプレーできたことをとても感謝しております。
そして、このチームの一員だったことをとても誇りに思います。
リヴァーレの選手、スタッフの方々、そしてファンの方々と一緒にプレーできたことは、私のバレーボール人生においてとても素晴らしい経験と思い出になりました。
ファンの方々はいつも私を勇気づけてくれましたし、私をハッピーにしてくださり、そしてリラックスさせてくれました。
皆さんは最高です!
世界のどこかで私を見かけたら声をかけてください。
リヴァーレ、そして皆様の今後の活躍を祈っております。
幸運を、そしてまた会いましょう。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック