NEC、チャイニーズタイペイのCMFC VCを3-1で下し、準決勝へ 2018アジアクラブ女子選手権 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>NEC、チャイニーズタイペイのCMFC VCを3-1で下し、準決勝へ 2018アジアクラブ女子選手権

トピックス

2018-07-17 07:25 追加

NEC、チャイニーズタイペイのCMFC VCを3-1で下し、準決勝へ 2018アジアクラブ女子選手権

アジアクラブ女子選手権大会 準々決勝の結果

V1リーグ 女子

 2018アジアクラブ女子選手権大会は、16日、カザフスタンのオスケメンで準々決勝が行われ、日本から出場しているNECレッドロケッツは、チャイニーズタイペイのCMFC VCと対戦。3-1(25-15、25-18、19-25、25-15)で勝利した。

 第1セットは上野香織のサービスエースや速攻、第2セットは荒谷栞のブロード攻撃などが光り、2セットを連取するが、第3セットはミスからリズムが崩れ、相手の粘りある守備にも苦しみ、セットを落としてしまう。第4セットも序盤は相手の堅い守備に攻めきれず、苦戦するが、徐々に立て直し、廣瀬七海のスパイクや上野、荒谷のブロックなどで得点を重ね、25-15でセットを奪取。準決勝に駒を進めた。

 17日の準決勝は、地元カザフスタンのアルタイVCと対戦する。


写真:AVC

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック