上場雄也/永井雄太組と鈴木千代/村上礼華組が優勝。ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第6戦 大洗大会 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>上場雄也/永井雄太組と鈴木千代/村上礼華組が優勝。ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第6戦 大洗大会

トピックス

2018-07-30 05:55 追加

上場雄也/永井雄太組と鈴木千代/村上礼華組が優勝。ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第6戦 大洗大会

ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第6戦 大洗大会の結果

ビーチバレー

 ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第6戦 大洗大会は、28、29日の2日間の開催を予定していたが、台風接近の影響で28日の試合が中止となった。そのため、競技形式を変更して29日の1日のみで、大洗サンビーチ(茨城県東茨城郡大洗町)で開催された。

 競技方式は、予選を28点制1セットマッチに、本戦をシングルトーナメント戦(プール戦なし)で実施し、男子は上場雄也/永井雄太組、女子は鈴木千代/村上礼華組が優勝を飾った。

 最終順位は、以下の通り。(3位まで)

【男子】
1位:上場雄也/永井雄太組
2位:庄司憲右/池田隼平組
3位:島袋康隆/但野瑠勇組
3位:西村晃一/道木優輝組

【女子】
1位:鈴木千代/村上礼華組
2位:石坪聖野/柴麻美組
3位:浦田景子/田中麻衣組
4位:鈴木悠佳子/坂口佳穂組

 次戦は、「ジャパンビーチバレーボールツアー2018 第7戦 若狭おばま大会」となり、8月4日(土)・5日(日)の2日間、福井県小浜市の若狭鯉川シーサイドパークで開催される。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事