全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>パナソニック、レギュラーラウンド1位通過を決める 2位以下は混戦 V1リーグ男子

トピックス

2019-02-10 07:00 追加

パナソニック、レギュラーラウンド1位通過を決める 2位以下は混戦 V1リーグ男子

V1リーグ男子の結果

V1リーグ 男子

V.LEAGUE Division1男子は、9日、静岡県三島市と大分県別府市の2会場で計4試合がおこなわれた。別府でおこなわれたパナソニックパンサーズ-大分三好ヴァイセアドラーは、序盤2セットがデュースにもつれ込む接戦だったが、すべてのセットで競り合いを制したパナソニックがストレートで勝利し、V・レギュラーラウンド1位通過を決めた。
また、東レアローズがサントリーサンバーズに、堺ブレイザーズがJTサンダーズにそれぞれ3-1で勝利した。豊田合成トレフェルサはVC長野トライデンツに3-0で勝利した。前日勝利したジェイテクトSTINGSと合わせ、4~7位のチームがすべて3ポイントを得たことにより、ファイナル6争いはより混戦の様相を呈している。
10日も同じ2会場で試合がおこなわれる。

2/9(土)終了時点でのレギュラーラウンド順位は下記の通り。

順位 チーム      勝敗(勝ち点)
1 パナソニックパンサーズ:21勝2敗(62)
2 サントリーサンバーズ:16勝7敗(47)
3 JTサンダーズ:15勝8敗(47)
4 豊田合成トレフェルサ:15勝7敗(42)
5 ジェイテクトSTINGS:12勝11敗(38)
6 堺ブレイザーズ:12勝10敗(37)※セット率1.29
7 東レアローズ:12勝10敗(37)※セット率1.24
8 FC東京:6勝17敗(18)
9 大分三好ヴァイセアドラー:3勝19敗(8)
10 VC長野トライデンツ:1勝22敗(3)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事