全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>久光 6季ぶり3度目の優勝

トピックス

2013-04-14 18:09 追加

久光 6季ぶり3度目の優勝

V・プレミアリーグ女子は13日、女子の決勝戦を行い、久光製薬(レギュラーラウンド2位)が3-0で東レ(同3位)を下し、6シーズンぶり3度目の優勝を果たした。

V・プレミアリーグ 女子

V・プレミアリーグ女子は13日、女子の決勝戦を行い、久光製薬(レギュラーラウンド2位)が3-0で東レ(同3位)を下し、6シーズンぶり3度目の優勝を果たした。
また、同日に行われた3位決定戦では、レギュラーラウンド4位の岡山が、同1位のNECを3-1で下した。

中田久美監督は就任1年目で全日本選手権に続き、2冠を獲得。
MVPはサウスポーのウイングスパイカーとして活躍した長岡望悠選手が受賞。敢闘賞は、今季、スパイク、ブロック、サーブの3部門でトップの成績を残し、個人賞を受賞した東レの荒木絵里香選手に決まった。

そのほか、個人賞は以下の通り。
得点王 カナニ,ダニエルソン(トヨタ車体)
サーブレシーブ賞/ベストリベロ賞 座安琴希(久光製薬)
レシーブ賞 新鍋理沙(久光製薬)
ベスト6賞 平井香菜子、長岡望悠、古藤千鶴(以上、久光製薬)、荒木絵里香、迫田さおり(以上、東レ)、近江あかり(NEC)
最優秀新人賞 近江あかり(NEC)
Vリーグ特別賞 杉山祥子(NEC)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック