全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>全日本女子、中国に3-1で勝利し、白星発進 モントルーバレーマスターズ

トピックス

2019-05-14 11:08 追加

全日本女子、中国に3-1で勝利し、白星発進 モントルーバレーマスターズ

モントルーバレーマスターズの結果

全日本代表 女子

 モントルーバレーマスターズはスイスのモントルーで13日に開幕。日本は初戦、中国と対戦し、3-1(25-20、17-25、27-25、25-21)で勝利した。

 日本チームのスターティングメンバーは、石井優希、新鍋理沙、岩坂名奈、奥村麻依、関 菜々巳、黒後 愛、小幡真子。
 
 第1セット、代表初選出の関をセッターに起用してスタート。試合序盤から主導権を握って15-9とリードした。その後もサーブで相手を崩し、優位に試合を進めて25-20でセット先取に成功した。

 第2セットは中国のブロックに捕まり、リードを許す展開に。中盤からはサーブレシーブが乱れてリードを広げられ、そのままセットを失った。

 続く第3セットは、一進一退の展開から抜け出して、13-9とリード。しかし、中国の粘りの前に逆転を許し、17-19に。接戦となるが、中国のセットポイントから日本のサーブが機能し、27-25と再逆転でセットをものにした。
 
 第4セットは第3セット同様、前半からお互いに譲らなかったが、相手のミスにも助けられ、17-14と一歩先行した。岩坂のブロックが決まり、20-15とリードを広げたが、中国もディフェンスからの切り返しで連続得点し、21-20と詰め寄られる。しかし、最後は石井のスパイクが連続で決まり、逃げ切ってこのセットを奪い、初戦を勝利で飾った。

 次戦は現地時間14日(火)の夜(日本時間15日未明)にポーランドと対戦する。 

写真提供: Montreux Volley Masters

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事