全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>AVC ビーチバレーボールコンチネンタルカップ オリンピックアジア大陸予選出場チームが決まる。石島/白鳥組ら

トピックス

2019-08-18 18:36 追加

AVC ビーチバレーボールコンチネンタルカップ オリンピックアジア大陸予選出場チームが決まる。石島/白鳥組ら

AVC ビーチバレーボールコンチネンタルカップ出場選手の発表

ビーチバレー

 日本バレーボール協会は、26~28日に中国・中衛市で開催される「AVC ビーチバレーボールコンチネンタルカップ オリンピックアジア大陸予選 第1フェーズ(東アジア地区)」に出場する日本代表選手を発表した。
 この大会は、2020年の東京オリンピック出場権のかかるアジア大陸予選の第1フェーズで、参加各国と地域がアジア大陸枠1枠の獲得を目指す大会となる。
 日本はすでに開催国枠を男女各1枠ずつ獲得しているが、残り各1枠の出場権(1つの国・地域に与えられる出場枠は最大で男女各2枠)をこのコンチネンタルカップ、オリンピックランキング、「2019 FIVB ビーチバレーボールオリンピッククオリフィケーショントーナメント」(2019年9月に中国で開催。女子の石井美樹/村上めぐみ組が出場予定)のいずれかでの獲得を目指している。

 選出された選手・チームは以下の通りで、女子は候補3チームのうち2チームが出場。出場するチームは大会前日に決定する。

■男子
長谷川徳海(愛媛県競技力向上対策本部)/ 高橋巧(ANA セールス)組
石島雄介(トヨタ自動車)/ 白鳥勝浩(トヨタ自動車)組
■女子
石井美樹(荒井商事/湘南ベルマーレ)/ 溝江明香(トヨタ自動車)組
西堀健実(トヨタ自動車)/ 草野歩(パソナ)組
村上めぐみ(オーイング)/ 橋本涼加(トヨタ自動車)組

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事