全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>V2女子レギュラーラウンドが終了。GSS東京が2位に。ライセンスの規定によりPFUのV1残留が確定

トピックス

2020-02-10 12:34 追加

V2女子レギュラーラウンドが終了。GSS東京が2位に。ライセンスの規定によりPFUのV1残留が確定

V2女子レギュラーラウンド最終結果

V1リーグ 女子 / V2リーグ 女子

素材提供:(c)V.LEAGUE

 2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN(V2女子)は9日、猫田記念体育館(広島県広島市)で V・レギュラーラウンド最終戦が行われ、最終順位と個人賞(個人技術集計部門)が確定した。

 2月22日、23日(日)にサーラグリーンアリーナ(浜北総合体育館/静岡県浜松市)で開催されるV・チャレンジマッチ(入替戦)では、DIVISION1 WOMEN(V1女子)の V・ファイナルステージ チャレンジ4で最下位となったヴィクトリーナ姫路が、V2女子 V・レギュラーラウンドで1位となった群馬銀行グリーンウイングスと、来シーズンのV1参戦資格をかけて対戦。V2で2位となったGSS東京サンビームズはS1ライセンスを保有していないため、V・チャレンジマッチは開催せず、V1・11位のPFUブルーキャッツがV1に残留する。

 最終順位と個人賞(個人技術集計部門)は以下の通り。

■2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN 最終結果
優勝:群馬銀行グリーンウイングス(18勝3敗54P)
準優勝:GSS東京サンビームズ(12勝9敗37P)
3位:JAぎふリオレーナ(11勝10敗33P)
4位:ルートインホテルズブリリアントアリーズ(11勝10敗31P)
5位:プレステージ・インターナショナルアランマーレ(11勝10敗30P)
6位:大野石油広島オイラーズ(8勝13敗24P)
7位:柏エンゼルクロス(8勝13敗24P)
8位:ブレス浜松(5勝16敗19P)
※Pはポイント。6位と7位はセット率の差による

■2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN 個人賞受賞選手(技術集計部門)
得点王:吉里 遥(GSS東京サンビームズ) 408点  ※初受賞
スパイク賞:鈴木日葵(群馬銀行グリーンウイングス) 44.4% ※初受賞
ブロック賞:柳沢紫子(プレステージ・インターナショナルアランマーレ) 0.88 本 ※初受賞
サーブ賞:高橋愛未(ルートインホテルズブリリアントアリーズ) 14.0% ※初受賞
サーブレシーブ賞:松川美咲(ブレス浜松) 74.8% ※初受賞


素材提供:(c)V.LEAGUE

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事