全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>サントリー健闘も3連戦目で力尽きる ジェイテクトが決勝へ 西田「歴史を変えてやろう」V1リーグ男子

トピックス

2020-02-24 19:46 追加

サントリー健闘も3連戦目で力尽きる ジェイテクトが決勝へ 西田「歴史を変えてやろう」V1リーグ男子

V1リーグ男子の結果

V1リーグ 男子

Vリーグ提供

V.LEAGUE DIVISION1MENは22日から24日にかけて、広島県福山市のエフピコアリーナふくやまでファイナルステージが行われ、22日にはレギュラーラウンド5位の堺と4位のサントリーが対戦してサントリーがストレートで勝利。23日は3位のJT広島と勝ち上がったサントリーが対戦し、3-1でサントリーが連勝。下剋上で一気にファイナルまで駆け抜けるかと思われたが、24日は2位ジェイテクトとの対戦でサービスエース5本の西田に対し、前日サービスエースを量産したサントリーのサーブ陣が沈黙。ムセルスキーを常時でなく時折真ん中で跳ばせる作戦にも翻弄されたが、ジェイテクトが押し切って3-1でファイナルへの切符を掴んだ。

西田有志は「今日の試合は、ものすごく厳しい部分がたくさんあった。うちのチームはまだタイトルを取ったことがない。歴史を変えてやろうということでチームがしっかり意気込んでいた。それをチームでだせたのがよかったと思います。

初のファイナルに向けては、今日みたいな試合になることは間違いない。コミュニケーションをとって、結果でしっかり恩返しすることしかないので優勝するしかない」と力強くコメントした。

このファイナルステージで、3位サントリーサンバーズ、4位JTサンダーズ広島、5位堺ブレイザーズが確定した。

ファイナルは29日(土)、高崎アリーナで17時10分よりパナソニックとジェイテクトの対戦で開催される。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック