全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>プレミアム音声サービス「NowVoice」に 西田有志がトップランナーとして登場

トピックス

2020-05-21 08:00 追加

プレミアム音声サービス「NowVoice」に 西田有志がトップランナーとして登場

プレミアム音声サービス「NowVoice」に西田有志が登場

Others

NowVoice提供

 本田圭佑がCEO を務めるNow Do 株式会社とインターネットスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」を運営する株式会社運動通信社が共同運営するプレミアム音声サービス「NowVoice」は21日、新たなトップランナーとして西田有志(ジェイテクトSTINGS/日本代表)が参画したことを発表した。
 「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、各界のトップランナーの音声が、月額900円(税抜)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスで、日々チャレンジを続けるトップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指している。バレーボール界からはすでに日本代表主将の柳田将洋もトップランナーとして登場している。

 西田の初回音声投稿のテーマは、「日本の子供たちへ」。「NowVoice」では現在、新型コロナウイルスの影響により、日常生活に制限が強いられている子供たちを勇気付ける主旨で、さまざまなトップランナーたちが「日本の子供たちへ」という共通テーマで音声投稿を行っており、西田もこの主旨に賛同し、投稿を行った。

 「NowVoice」は、2020年5月31日(予定)までチャリティ期間として、会員登録なしで、誰でも無料で楽しめる。2020年6月1日(予定)から会員登録が必要となり、月額料金900円(税抜)が適用される。
 URLは、https://voice.nowdo.net

NowVoice提供

【西田有志 プロフィール】
2000年1月30日生まれ。三重県出身。高校3年の時にVプレミアリーグ男子のジェイテクトSTINGS に高卒内定選手として入団。2018年4月に日本代表に招集され、2019年のW杯バレーでは、日本人選手初となるベストオポジット賞とベストサーバー賞をダブル受賞。V.LEAGUE 2019/2020シーズンでは、史上最年少でMVP、ベストスコアラー、サーブ賞などを受賞するなど、次世代の日本バレーボール界のエースとして注目されている。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事