全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>WD名古屋、新型コロナによりバレーボール教室に代わり清掃活動で地域とともに

トピックス

2020-06-17 16:19 追加

WD名古屋、新型コロナによりバレーボール教室に代わり清掃活動で地域とともに

WD名古屋清掃活動

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE Division1ウルフドッグス名古屋が、新型コロナウイルスの状況を鑑み、これまでオフ期に行ってきた学校訪問やバレーボール教室の代わりに清掃活動によって地域に寄り添う姿を見せた。

□1.目的

地域の方とのコミュニケーションの活性化とともに、「社会・環境への貢献」「周辺地域の美化」「CSRへの参加意識向上」を図る。

●参加者 選手・スタッフ・事務局:42名
(稲沢・一宮エリアは同日実施のため、稲沢<35名> 一宮<7名>に分かれて実施)

●参加選手の声
白岩選手:朝のゴミ拾いは気持ちがよく、地域の方からも声をかけてもらい嬉しかった。まだまだ知らないエリアがあったので、新しい発見をしながら今後も清掃活動を楽しみたい。

山近選手:1時間のゴミ拾いでしたが、まだやりきれなかった箇所も残った。継続して実施していきたい。

今後8月以降も 可能な限り継続して実施していく予定。

写真:ウルフドッグス名古屋提供

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事