全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>NECとデンソーがホームゲームで勝利。NECとJTが7勝目、デンソーと久光は5勝目 V1女子

トピックス

2020-11-15 23:19 追加

NECとデンソーがホームゲームで勝利。NECとJTが7勝目、デンソーと久光は5勝目 V1女子

V1女子の結果

V1リーグ 女子

 2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1女子)は15日、西尾市総合体育館(愛知県西尾市)、大田区総合体育館(東京都大田区)、黒部市総合体育センター(富山県黒部市)の3会場で計4試合が行われた。

 前日ホームでトヨタ車体にストレートで敗れたNECは日立と対戦。前日の敗戦からチームを立て直したNECは、古賀紗理那の攻撃が面白いように決まり、島村春世、山田二千華の両ミドルも活躍。ストレートで日立を退け、7勝目をあげた。

 前日試合のなかったJTはKUROBEと対戦。前日のホームゲームで久光をフルセットで破り、勢いづくKUROBEはこの試合も第1セットを25-17で奪い、先行する。しかし、第2セット以降は昨季覇者のJTがドルーズ・アンドレア、林琴奈の攻撃や橘井友香のサービスエースなどで流れを引き寄せ、3-1で勝利。NEC、東レと同じく7勝となった。(消化試合数はNECが9、JTが8、東レが7)

 富山会場の第2試合は連敗を避けたい久光と初白星のほしいPFUが対戦。PFUは主将の堀口あやか、今季活躍の目立つ高相みな実らが連続得点し、第2セットを25-18で奪うも、第3セット以降は久光のペースに。第4セットはアキンラデウォ・フォルケのスパイクやサービスエースなどでPFUを寄せ付けず、3-1で勝利した。

 デンソーはホームゲーム2日目、姫路と対戦。2勝目がほしい姫路は第2セットを25-18で奪い、第1セットと第3セットはデュースと善戦したが、勝負所でセットを取り切れず、第4セットになると序盤からデンソーのペースに。最後はベテラン・奥村麻依のブロックが決まり、25-18でデンソーが勝ち切った。デンソー、久光はそれぞれ5勝目(消化試合数はデンソーが8、久光が9)となり、順位を1つずつ上げた。

 来週は福岡、兵庫、石川で試合が行われる。

【順位】(Pはポイント)
1 NECレッドロケッツ(7勝2敗21P)
2 JTマーヴェラス(7勝1敗20P)
3 東レアローズ(7勝0敗19P)
4 デンソーエアリービーズ(5勝3敗17P)
5 久光スプリングス(5勝4敗16P)
6 岡山シーガルズ(5勝3敗15P)
7 埼玉上尾メディックス(4勝5敗13P)
8 トヨタ車体クインシーズ(2勝5敗7P)
9 日立リヴァーレ(2勝6敗5P)
10 KUROBEアクアフェアリーズ(2勝5敗4P)
11 ヴィクトリーナ姫路(1勝6敗3P)
12 PFUブルーキャッツ(0勝7敗1P)
※順位は勝率、セット率が同じ場合、得点率で決定する
 

写真:堀江丈
 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事