全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>全日本女子、黒後愛、古賀紗理那らが奮闘するも、オランダにフルセットで惜敗 2018女子世界選手権

トピックス

2018-10-01 03:28 追加

全日本女子、黒後愛、古賀紗理那らが奮闘するも、オランダにフルセットで惜敗 2018女子世界選手権

2018女子世界選手権 第1次ラウンドの結果

全日本代表 女子

 2018女子世界選手権は30日、横浜アリーナ(横浜市)で第1次ラウンドA組の第2戦が行われ、全日本女子はオランダと対戦。2-3(25-27、25-16、26-28、25-19、13-15)で敗れた。日本の通算成績は1勝1敗。

 日本チームのスターティングメンバーは、田代佳奈美、荒木絵里香、黒後 愛、古賀紗理那、奥村麻依、新鍋理沙、井上琴絵。
 
 第1セット、荒木のブロックで幸先よく先制すると、新鍋がサービスエースを奪った。荒木のブロード攻撃や、古賀の相手ブロックを巧みに利用したスパイクで流れをつかみ、サーブでも攻めて、ブロックとレシーブで粘り強くつなぎリード。

 しかし、終盤、オランダが10番スローティエスのスパイクなどで追い上げ、さらにサウスポーの6番フロットヒュースの硬軟織り交ぜたスパイクで3連続得点を許し、22-22で同点に。日本も粘ってジュースにもつれ込んだが、最後はオランダのサーブがエンドラインぎりぎりに決まり、セットを失った。

 第2セット序盤は、古賀がスパイクを決め、3連続得点。黒後のバックアタックも決まり、8-4とリードした。
 中盤はサイドアウトの応酬となるが、その均衡を破ったのは古賀。4連続でスパイクを決めて16-9と大量リードを奪うと、田代の連続サービスエースも出て、セットを奪い返した。

写真:黒羽白

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック