全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>長岡望悠の診断結果は、左膝前十字靭帯損傷、全治8か月。久光製薬が発表

トピックス

2018-12-17 19:53 追加

長岡望悠の診断結果は、左膝前十字靭帯損傷、全治8か月。久光製薬が発表

久光製薬 長岡望悠の負傷部位の診断結果を発表

V1リーグ 女子

 久光製薬スプリングスは17日、長岡望悠選手がイタリアリーグで試合中に負傷した左膝の診断結果を発表した。
 発表内容は、以下の通り。

 ■負傷部位:左膝関節
 ■診断結果:左膝前十字靭帯損傷
 ■全治:8ヶ月

 復帰時期については未定で、当面は治療に専念するという。
 同チームは、公式ホームページで「ファンの皆様や関係者の皆様には、大変ご心配をおかけしますが、まずは治療に専念しますので、温かく見守っていただけますと幸いです」とコメントしている。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック