全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>天皇杯 決勝は東レvsJT パナソニック・クビアクが負傷退場

トピックス

2018-12-22 19:06 追加

天皇杯 決勝は東レvsJT パナソニック・クビアクが負傷退場

天皇杯準決勝の結果

V1リーグ 男子

平成30年度天皇杯は大田区総合体育館で試合が行われ、昨季優勝のパナソニックを東レがフルセットで破り、決勝に進出した。パナソニックは第3セットにミハウ・クビアクが負傷し退場。久原翼が投入されたが、逆転を許した。第2試合はJTが豊田合成をストレートで破り、決勝に駒を進めた。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック