全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>決勝はパナソニックとサントリーに 阿部裕太「悔いのないバレー人生でした」第68回黒鷲旗男子結果

トピックス

2019-05-05 22:04 追加

決勝はパナソニックとサントリーに 阿部裕太「悔いのないバレー人生でした」第68回黒鷲旗男子結果

第68回黒鷲旗男子の結果

V1リーグ 男子

東レ・サントリー両チームでの阿部裕太選手の胴上げ

第68回黒鷲旗男女バレーボール選抜大会は5日、丸善インテックアリーナ大阪で準決勝が行われ、パナソニックがJTをストレートで破り、決勝進出を決めた。パナソニックは4日のスタメンからミドルブロッカーを兒玉康成から小宮雄一郎にかえ、第1、第2セットを終始リードして連取した。腰の痛みを訴えたJTのエース・エドガー選手が下がり、八子大輔選手が投入され、第3セットはJTが終盤までリードを続ける展開だったが、清水邦広に代わって入った今村貴彦などが気を吐き、第3セットも26-24でとりきった。

サントリーは今シーズンリーグでは全敗の東レとの対戦。全日本で主力の李博らを欠く東レは苦戦し、第1セットはサントリーがものにする。第2セットは富松崇彰、藤井直伸らの投入が功を奏し、東レが奪い返す。しかし、第3、第4セットはムセルスキーの強打でサントリーが連取し、サントリーが決勝進出となった。

試合後、この大会で勇退する阿部裕太選手の胴上げがあり、阿部選手がサントリーにも在籍していたこともあって、両チームでの胴上げとなった。阿部は「悔いのないバレー人生でした」と晴れやかに振り返った。

写真:黒羽白

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック