全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>大分三好、マーク・エスペホの退団および2019-20シーズン新体制を発表 統括リーダー辻口泰地、主将に米田亘希

トピックス

2019-05-26 10:28 追加

大分三好、マーク・エスペホの退団および2019-20シーズン新体制を発表 統括リーダー辻口泰地、主将に米田亘希

退団選手と新体制の発表

V1リーグ 男子

大分三好ヴァイセアドラーは20日、2018-19シーズンにアジア枠選手としてプレイした、マーク・エスペホ選手(アウトサイドヒッター、背番号15)の退団を発表した。
また、同日、2019-20シーズンの新体制を発表した。今季からは、コート内外においてチームを支える役割として、新たにチーム統括リーダーという役職を設けた。チーム統括リーダーに辻口泰地選手、キャプテンに米田亘希選手が就任した。

ほか、2019-20新体制は下記の通り。

部長:三好博
副部長:坂口嘉彦
監督:小川貴史
コーチ:小林尚登
コーチ:ムレイポール
マネージャー:井上幸子
統括リーダー:辻口泰地(新任)
キャプテン:米田亘希(新任)
副キャプテン:藤岡諒馬
副キャプテン:勝将哉(新任)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック