全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>フォトギャラリー>山口舞・石田瑞穂・鈴木裕子・山田美花・中川千世・丸山裕子・筒井視穂子 黒鷲旗退団選手フォトギャラリー 女子編1 

フォトギャラリー

2019-06-01 15:38 追加

山口舞・石田瑞穂・鈴木裕子・山田美花・中川千世・丸山裕子・筒井視穂子 黒鷲旗退団選手フォトギャラリー 女子編1 

黒鷲旗退団者フォトギャラリー

V1リーグ 女子 / V2リーグ 女子

第68回黒鷲旗 全日本男女選抜バレーボール大会。この場を一つの区切りとして、多くの選手が退団を発表した。

惜しまれつつチームを去る各選手。黒鷲旗での姿をお届けしたい。(女子編1)

 

●山口舞(岡山シーガルズ)

2010年世界選手権、銅メダル。
2011年ワールドカップ出場。
2012年ロンドンオリンピック、銅メダル。
2014年世界選手権出場。2015年ワールドカップ出場。2016年北京オリンピック出場。

2011年にはVリーグ栄誉賞。2018年12月9日、佐賀県総合体育館で行われたV1リーグ女子のトヨタ車体対岡山戦では通算出場セット数記録を「1304」とし、記録を更新。

近年は毎年シーズン終わりに引退を考えていたそうだ。それでも「まだやり残したことがある」という思いが彼女を現役生活に押しとどめていた。

岡山シーガルズの未来については次のように語った。
「支えてくださる方の想いをコートで表現できるようなチーム…より強くそれを感じられるようなチームになっていってほしいと思っています」

岡山で17年。これからも、岡山と岡山を愛したファンの誇りであり続けるだろう。

 

>> フォトギャラリーのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック