全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>全日本男子、イタリアに1-3で敗れ、2勝5敗に VNL男子大会

トピックス

2019-06-15 12:18 追加

全日本男子、イタリアに1-3で敗れ、2勝5敗に VNL男子大会

ネーションズリーグ男子の結果

全日本代表 男子

 バレーボールネーションズリーグ(VNL)男子大会は14日、ブルガリアのバルナで第3週ブルガリアラウンド第1戦が行われ、日本はイタリアと対戦。1-3(25-23、15-25、27-29、21-25)で敗れた。日本チームの通算成績は2勝5敗。

 イタリア戦、日本チームのスターティングメンバーは、西田有志、山内晶大、石川祐希、柳田将洋、李博、藤井直伸、山本智大。

 第1セット、ケガから復帰した藤井をスタメンにスタート。序盤はお互い硬さが見られ、コンビが十分に合わないながらも得点を重ね7-8。藤井の連続サービスエースや藤井-李のコンビ、石川のパイプが決まり、15-13とリードする。その後、日本にミスが出て、サーブやブロックに阻まれ、15-16でテクニカルタイムアウト。
 大竹壱青、関田誠大の2枚替えで大竹がライトから決め、17-18。大竹がサーブで崩し、ラリーで石川が絶妙なフェイントを落とすなどの4連続得点で21-19とリード
する。終盤も競り合いが続いたが、石川のパイプやサーブで崩して24-23のセットポイント。最後も石川の豪快なサービスエースで25-23。セットを先取した。

 第2セットは第1セットで効果的だった石川のサーブからスタート。サイドアウトの応酬で5-5からミスを重ね、6-8。サーブで攻めこまれ、スパイクも決まらず、7-12 で日本がタイムアウト。攻撃のリズムがつかめないまま、10-16に。
 イタリアの高いブロックにつかまり、11-18で関田、大竹を投入。イタリアに主導権を握られ、全くバレーをさせてもらえず、12-20でタイムアウト。終盤も淡々と試合は進み、活路が見えないまま15-25でセットを失う。

 第3セットは藤井→関田、柳田→髙野直哉、李→小野寺太志に交代してスタート。何とか切り替えたい日本だったが、前セットを引きずってかイタリアの高いブロックに手
こずり、1-3でタイムアウト。その後、リベロに古賀太一郎を投入するも、4-8でテクニカルタイムアウト。
 タイム明けは大竹のサーブで崩して9-11と追い上げ、古賀の好カバーから小野寺、大竹、石川が決めるなどで14-11とリードする。しかし、イタリアのブロックにサイドアウトが奪えず、14-14の同点に。大竹が軸となり徐々にリズムを取り戻すも、単発となり18-21で終盤へ。
 石川のサーブや交代出場した柳田のサーブで崩して、22-22と再び同点に。ジュースになり、追い込まれるも大竹、山内のスパイクでしのいで、26-26。石川の1枚ブロックで27-27まで粘るが、最後は相手にラリーを取られ、27-29でこのセットも失った。

 第4セットは第3セットと同じ布陣でスタート。序盤はお互いサイドアウトの応酬から小野寺のクイックなどで6-8。好調な大竹のサーブで相手を崩し、髙野が連続して切り返しを決め、12-12でイタリアがタイムアウトを要求。関田も積極的にクイックを使い、攻撃の幅を広げる。14-16から相手のミスもあり、連続得点で16-16に。山内がクイックを決めてチームを鼓舞し、17-17に。
 しかし、大事なところでサービスエースを取られ、17-19でタイムアウトを要求。さらに失点が重なり、17-21で2回目のタイムアウト。山内に代わった柳田のサーブで崩し、大竹が決め、また小野寺のクイックなどが決まるも、サーブミスで20-24。14人全員が奮闘したが、最後はブロックを決められ、21-25で敗戦した。

 次戦は15日(土)20時40分(日本時間翌2時40分)から、地元ブルガリアと対戦する。

■矢島久德強化委員長のコメント
第2セットでリズムが崩れて立て直しが難しい状況から、ベンチスタートしたメンバーがいい働きをし、第3、第4セットで競り合えたことは収穫の一つではある。ただ、チャンスがありながら点数を取り切れない、拾うべきボールを拾えない、劣勢を打開するメンタル面などに課題もある。試合を通じてこれらの課題を意識しながら一つひとつクリアし、質の高いバレーを展開できるように成長していきたい。


写真提供:FIVB

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック